スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大野城のこと

oonojo3.jpg
大野町の南東、青海山の北部頂に位置する大野城は別名「宮山城」とも言います。
大野と名のつく城は全国に10箇所もあり、尾張国だけでも3箇所あります。
だから、別名があるのかな。どうなんでしょう。

以下
千葉県市川市(下総国)
千葉県いすみ市(上総国)
福井県大野市(越前国)
福岡県大野城市(筑前国)
長崎県島原市(肥前国)
愛知県知多郡(現在の常滑市) (尾張国知多郡)
愛知県海部郡(現在の愛西市(旧佐織町)) (尾張国海部郡)
愛知県葉栗郡(現在の一宮市)(尾張国葉栗郡)
和歌山県海草郡(現在の海南市) (紀伊国海草郡)
和歌山県西牟婁郡(現在の白浜町)(紀伊国西牟婁郡)

ここで大野城(宮山城)の歴史をひもときますが、
ネット上に沢山でていてあまり書く気がしないので、ブロ友であるまり姫さんのブログの文章を引用させていただきます。

観応年間(1350年)頃、三河国守護の一色範氏が知多半島に勢力を伸ばし、その子一色範光が伊勢湾を見下ろすこの城を築いたのが始まりといい、一色氏は大野湊を中心とした伊勢湾の海運を手中に収めたと伝わっています。(大野氏が築城したともいわれる)
しかし、一色氏は将軍足利義政と対立したため三河守護職を失ってしまい、応仁の乱を経て次第に勢力を衰退させて、大野城は尾張守護の土岐氏に奪われ、近江出身の家臣の佐治宗貞が3万石を領して大野城主となり、以後四代百年あまりの支配が続いたとされます。
三代信方の頃に織田信長に従いますが、信方は若くして討ち死にし、四代一成(妻は浅井長政三女お江)は小牧長久手の戦いのとき、織田信雄に味方して羽柴秀吉と敵対したため追放され、城主として信長の弟である織田長益(有楽斎)が入りますが、大野城の水利の悪さから、すぐ真向かいに大草城を築城して移り、大野城はこのとき廃城となりました。(まり姫のあれこれ見聞録より)

これが通説であり、よくまとめられていると思います。
次回は、大野城の伝説等を紹介したいと思います。


ジェットストリーム(夜間飛行)城達也
スポンサーサイト

昭和8年発行「郷土読本伝説編」

densetsu1.gifdensetsu59.gif
写真は、昭和8年(1933年)3月発行の「郷土読本伝説編」です。
「衣掛の松」「帆下天神」など尾張大野にまつわる郷土の伝説が47話もまとめられています。
これは古文書を元に書いたものでなく、代々おじいさん・おばあさんから聞いてきた言い伝えを三和村(現常滑市北部)の有志の方たちが苦労してまとめあげたものです。
この資料は、ある人にいただいたもので、どこの図書館にもない当会秘蔵の資料です。
必ずしも伝説イコール事実とはいえませんが、ひょんなことで古文書にない事実が見つかる可能性を秘めているかもしれません。
この中のいくつかを紹介していきたいと思います。


Helen Merrill "When I Fall In Love"


大野谷虫供養とその伝説

musikuyo3.jpg虫供養とは農作のために殺した虫の霊を慰めるための供養のことで、各地にあります。
大野を中心とした一帯でも行なわれていて「大野谷虫供養」と呼ばれるこの伝統行事は、400年もの歴史があります。
道場での供養・お阿弥陀さんの巡回・彼岸大法要の三大行事からなるもので、大野谷13か村が持ち回りで行ない、道場供養は毎年12月15日から翌年の1月15日まで、当番地区に道場が設けられ、阿弥陀如来などの掛軸が懸けられます。昭和58年には県指定無形民俗文化財に登録されました。
この「大野谷虫供養」はよその虫供養とは、少し違うところがあります。
それは、はじまった当初は「刀供養」と呼ばれていて、戦国時代に滅亡した大野城主佐治氏の霊を慰めたものだったのです。それがやがて駆除した生物の霊を慰め、五穀豊穣・家内安全を祈願したものになりました。

ここで「郷土読本伝説編」に書かれている大野谷虫供養の伝説を紹介したいと思います。
densetsu9.png
densetsu10.png
densetsu11.png
大野城主佐治氏の滅亡を意味する大野城落城には文献がなく、諸説飛び交っています。
この伝説は、細かいところで疑問符が多く、早い話大野城落城時には信長はもう亡くなっていて、信長が佐治を滅ぼしたという説は明らかに間違いです。信長が秀吉にすりかえられた説もありますが、これも無理があると思います。
ではどのように落城したのか。
私はお江(最後の大野城主佐治与九郎一成の妻、後に秀忠の妻となる)の存在を無視して語れないと思っています。
佐治家の掛軸が「大野谷虫供養」に懸けられているのは事実。
はたして、その掛軸は佐治家の奥方であるお江が持ち出したものなのでしょうか。


Gilbert O'Sullivan - Alone Again (Naturally)

蓮台寺の、衣掛の松・あかずの門の伝説

伝説によると、佐治家の奥方(お江)は、大野城落城の際、佐治家の守り本尊である阿弥陀如来の掛軸を持って小倉の蓮台寺から大興寺を経て落ち延びていかれました。途中、つぼけに掛軸をかくしていかれ、それを大興寺の土井家がみつけ、大切に祭ったのが大野谷虫供養の始まりだと言われています。
お江が逃げる際に立ち寄った蓮台寺の、衣掛の松・あかずの門の伝説を下記に掲載します。


densetsu11.png
densetsu12.png
て、一度も開けたことない門です。(三枚目はこの一行だけ)
以上

繰り返しになりますが、信長が大野城を攻めたという点だけは明らかに事実ではないです。
この話の真偽は私にはわかりません。あくまで伝説としてとらえてください。
ところで、蓮台寺の、衣掛の松・あかずの門の伝説はもう一つあります。
蓮台寺は一色道秀によって1314年に創建。当時その規模は一山十七坊もある広大な寺で、後花園院の勅願所にもなっていました。
衣掛の松は後花園天皇がよこした勅使が衣を掛けたというもの、あかずの門はその勅使がくぐったものでそれ以来閉じたままの門となった(別名勅使門)というものです。(大野町史)
補足ですが、大野と小倉の間の橋は勅使橋といいます。
お江の史実を追っている私にとっては、とても悩ましい伝説です。


MISIA - 逢いたくていま

佐治神社法要

CRW_6243.jpg

毎年4月中旬に、青海山にある大野城横の佐治神社にて、佐治さんの法要が行なわれます。
宮山地区関係者をはじめ、蟹江町や東海市大田町へ逃れたとされる佐治家の子孫の方々が列席されます。
写真中央は、佐治家菩提寺の斉年寺住職です。
(ハカセ)


Hideo Shiraki - IT'S ALL RIGHT WITH ME

JTBさんの大野視察を案内しました。

去る7月2日、JTBさんが、我が尾張大野の地を視察に来られました。
来年の大河ドラマ「江~姫たちの戦国」の主人公・「江」の最初の嫁ぎ先であるこの地を観光商品化できるかどうか検討されるための視察です。
当会は、依頼を受け、常滑市商工観光課の人と一緒に「江」ゆかりの地を案内しました。
時間の都合で、大野城・斉年寺・蓮台寺の三箇所。
歴史的な説明はさせていただきましたが、三箇所とも歩くには少し距離があること。バスでは道が狭い。案内人の確保。「江」についての案内看板・案内資料のまだ用意されていない。「江」にちなんだ土産がない等。まだまだ観光地化として未整備であることが露呈した格好になりました。
でも、これからですよね。
(ヨクロー)


山口百恵  いい日旅立ち

お断り

最近、当会が新聞テレビに取り上げて頂いたおかげで、
入会希望者が急に増えております。
しかしながら、入会しただけで何もしない方も少なくありません。
(入会自体曖昧な状態ですが…)
今後、入会を希望される方は、まず、下記メルアドに、
当会に何を求め、当会で何をしたいかを送ってください。
意識の確認です。
内容確認の上、幹部の承認をもって入会可否を決定させていただきます。
ご了承ください。
多くの同士がいることは心強く思っています。

ちなみに今後一年間は、「江」を通したまちづくり・大野歴史資料館開設運営に協力等、当会はやりがいがあると思います。これらを通して一緒に勉強しませんか。

owarioono@yahoo.co.jpまで

常滑に国際的なトライアスロン

tryasrn.jpg
9月19日、常滑市に国際的なトライアスロンが開催されました。
「アイアンマン70.3セントレア常滑ジャパン」と言って日本初の開催だそうです。
スイム(水泳)1.9km 、バイク(自転車)90km 、ラン(マラソン)21kmの過酷なレース。
特にバイクは、市全体を駆け巡るようなコース。
殆ど、海岸堤防か農道を走るのですが、大野町だけが町を横断しました。
朝8時頃に先頭が来るような話でしたが、もうとっくに先頭は走り抜けたそうです。
優勝はニュージーランドの選手とか。
一日中、町中は声援してました。
(ハカセ)


佐治一成役の平岳大さん、大野城に!

hiratakehiro.jpg
4月5日、大河ドラマ「江」の佐治一成役・平岳大さんが大野城に訪れました。
私、仕事があり見に行けなかったのですが、ハカセがしっかり写真を撮ってくれました。
会いたかった~
(ヨクロー)

矢田万歳

seikaikouminkan25.jpg
お正月はお目出たいということで、矢田万歳を紹介します。
知多半島には、尾張万歳(知多市八幡地区)、板山万歳(半田市板山地区)、そして、私の地元に、矢田万歳(常滑市矢田地区)があります。
「エッへっへ、オッホッホ」とおかしな表情で演じる矢田万歳は、役700年前から矢田地区に伝承されてきた尾張万歳の一種です。
主な内容は以下の3つに分けられます。
1.門付け万歳(正月などに、太夫と才蔵が家々を回って祝い詞を演ずる)
2.御殿万歳(御殿やお座敷などで演ずる万歳で、地の内・柱立て・七福神から成る、格式の高い改まった万歳)
3.三曲万歳(三味線・鼓・胡弓の音曲によって、唄い・踊り・芝居などを演ずる万歳)
いずれも音曲によって、唄いながら踊ったり剣舞や芝居なども演ずる多彩な芸能です。

衣装や化粧が派手、踊りも唄もコミカルで、とてもおもしろいです。
現在、保存会の人が頑張っています。
平成9年3月、常滑市無形民俗文化財指定

(ヨクロー)

natsu yasumi

sigoto isogasiinode,sibaraku,burogu kousin yamemasu.
tsugi ha
bon ake kurai ni up simasu



プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。