スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPYAIR(スパイエア)

新カテゴリ「地元著名人」を新設。
大野及びその近郊にゆかりのある全国的に名の知れた人物を紹介します。

spyair.jpg

トップバッターは、ロックグループ「SPYAIR(スパイエア)」
このグループに私の近所の子(某市議の息子さん)が参加しています。

「有名なの?」と還暦のクロエモンさん。
「ったりめーすよ。これから、メジャーになることまちがいなし!」
詳しくは→こちら
かなり完成度高いっす。
応援してあげてください。
(ヨクロー)


SPYAIR 『0 GAME』
スポンサーサイト

浅尾拓也(プロ野球選手)

asao.jpg

もう皆さんご存知ですよね。
今年見事に、日本プロ野球セントラル・リーグ最優秀選手賞(MVP)を受賞しました。
知多市出身。常滑北高、日本福祉大学を経て、2006年中日ドラゴンズ入団。
地元中の地元の無名の選手が、今や日本を代表する中継ぎ投手と言われるまで成長。
目標に向かってコツコツ努力することの重要性を、彼は我々に教えてくれました。
今後も活躍を期待しています。
(ヨクロー)

yawata.jpg tokokita.jpg
彼の中高出身校ではMVPを祝う横断幕や看板が作られました。

花柳はるみ(日本映画の女優第1号)

hanayagiharumi.jpg
日本映画の女優第1号として知られる「花柳はるみ」(1896年~1962年)は、女優引退後、「常滑史話索隠」の著者である瀧田英二氏と結婚し、常滑で、生涯を終えています。
花柳はるみの生涯は→こちら
12歳も年上で、当時ハイカラな女性ということで、英二の父は二人の結婚を強く反対したそうです。
はるみ(本名:瀧田いし)自身、新劇の女優としても活躍していたのですが、政治利用に使われていることに嫌気がさし、結婚後は二度と銀幕に戻ることはありませんでした。
はるみと英二の間には、二人の子供が産まれました。
長男・文彦は仏文学者として知られ、長女・あゆちは、日本航空初の女性課長となり、当時キャリアウーマンの先駆け的存在と話題になりました。
昭和37年、66歳で没。
老いても、とても美しい女性で評判だったそうです。
(ヨクロー)

新美南吉(童話作家)

nankichi.jpg

「ごん狐」で有名な童話作家・新美南吉は、よく大野に訪れています。
童話「おじいさんのランプ」や「嘘」では、大野が舞台に。
当時の賑わっていた大野を「竜宮城のようだった」と、南吉は表現しています。

1913年(大正2年)知多郡半田町岩滑(やなべ)生まれ
1943年(昭和18年)結核のため、29歳の若さで死去
詳しくは→こちら

来年は、新美南吉生誕100年です。

(ヨクロー)

ザ・ピーナッツ

pnt.jpg

常滑市榎戸出身。1941年生まれ。
双子の歌手(デュオ)。伊藤ユミ・伊藤エミ。
今の若い人は知らないと思いますけど、昔はお茶の間の人気者でした。
二人が奏でるハーモニーとメロディは美しく温かく、抜群の歌唱力を持っていました。
「情熱の花」・「ふりむかないで」・「恋のバカンス」・「ウナ・セラ・ディ東京」・「恋のフーガ」などヒット曲多数。
レコードの総売り上げ枚数は1000万枚以上。NHK紅白歌合戦16回連続出場。
1975年、引退。
(ヨクロー)


ザ・ピーナッツ_恋のフーガ

伊藤由里子(プロのエアロビック選手)

itoyuriko2.jpg

世界を代表するプロのエアロビック・アスリートの1人です。
1968年、常滑市榎戸生まれ。
1996年にスズキワールドカップで世界の頂点をつんだのを皮切りに、世界大会のタイトルを9つも獲得しています。
1999年度にはなんと1シーズン中に世界3大大会すべてを制覇する「グランドスラム」を達成。
現在ではエアロビック選手という枠を超え、音楽を使って体を動かす事の素晴らしさを伝えるパブリックスピーカーとして活動していらっしゃるそうです。
(ヨクロー)



清水次郎長

jirocyo.jpg

浪曲や映画でお馴染みの清水次郎長親分は、よく大野に来て博打を打ったそうです。
「東海遊侠伝」によると、弘化3年(1846年)8月上旬、次郎長は、大野湊で博打を打ち、30両も儲けました。
翌日、大野のヤクザと喧嘩する羽目になります。
ちなみに、清水次郎長の子分である、大政・大野の鶴吉・桶屋の鬼吉の3人は大野出身です。
(ヨクロー)


清水次郎長伝

石井次郎(産業人)

isiijirou.jpg

石井次郎氏は、最も中国で成功した産業人として知られています。
1940年常滑市大野町生まれ。
1965年単身ロシア鉄道を経て欧州へ。波乱万丈な生活を送りながら、経営を学ぶ。
1979年香港を拠点に企業経営、1989年天安門事件をきっかけとして中国に進出。
1992年中小企業の中国進出をサポートする「テクノセンター」を設立し、
現在も数多くの中小企業の支援を行っている。
1997年からブラジル、2002年からロシア極東、2006年からモスクワを中心に活動中。

以前、私、中国で彼に会ったことがあります。眼が輝いていてとても精悍な方でした。
彼のような強い気持ちが今の日本人全体にあれば、不景気も吹き飛んでいくような気がします。
(ヨクロー)

boukyou

 

彼の数奇な半生を描いた著書「望郷と訣別を」
2003年、「大宅壮一ノンフィクション賞」を受賞した佐藤正明氏が書下ろしました。
そして、一躍、石井次郎氏は有名に。
読んでいて、おもしろかったですよ。

山田 昌(女優)

yamadamasa.jpg

1930年常滑市生まれ。女優。夫は俳優でタレントの、アマチンこと天野鎮雄。
今は名古屋在住ですが、以前は、26年間も知多市新舞子の中村住宅に住んでいました。

「まぁ一本、まぁ一本と、たいがにしとかにゃいかんよ。
今晩のおかずがわやになってまった。鎌倉さんもいかんわぁ」
のCMでお馴染み(名古屋地方だけかな?)
彼女の名古屋弁は人気を博しています。

平成10年10月25日、大野町商店街では、まちおこしとして、高齢者に的を絞った商店街づくり「尾張大野元気村」を開村。その時、彼女を村長として迎い入れ、開村式を行ったそうです。
(ヨクロー)

藤井達吉(美術工芸家)

tatsukichi

明治14(1881)年、碧海郡棚尾村(現碧南市源氏町)生まれ。
愛知を代表する美術工芸家。プロフィールは、こちら
戦後、小原和紙工芸の振興に尽力したことで有名です。
1892年(明治25)、藤井達吉は、大野の木綿問屋尾白株式会社(後の尾白商会)に入ります。
3年後、元山支店勤務となり朝鮮に渡り、砂金の金塊への鋳造に従事するようになり、
これより、現代工芸の道に進むようになります。
1964年(昭和39)没。
現在、故郷の碧南市には、藤井達吉現代美術館があります。
(ヨクロー)

後藤達俊(プロレスラー)

gototatsutosi.jpg

1956年生れの常滑市大野町出身。プロレスラー。
Mr.バックドロップ、大魔人などのニックネームを持つ。スタイルはヒール役。
猪木率いる新日本プロレスに26歳で入門。
その後、数々の団体を渡り歩き、現在はフリーランスで活躍。
1999年に、小原道由と組み、佐々木健介・越中組を破ってIWGPタッグ王座獲得。

詳しくは→こちら

必殺技のバックドロップで、あの馳浩を一時心臓停止に追い込んでしまったなど、
数々の語り草があり、今なお根強いファンがいます。
(ヨクロー)



村上睦子(バスケットボール選手)

murakami.jpg

1970年常滑市矢田生まれ。
星城高卒業後、1989年に名門シャンソンに入団。
身長165cmと小柄ながら多くの試合に出場、ポイントガードとして活躍し、シャンソンのWリーグ10連覇に貢献。
新人賞、MVP、ベスト5など多数受賞。
1996年のアトランタオリンピックに日本代表として出場。7位入賞に貢献。
2000年に引退。
現在は結婚をし、一児の母。岩屋姓。神奈川県在住 

(ヨクロー)

後藤新平(明治・大正・昭和初期の医者・政治家)

gotou-shimpei.jpg

以前も別のカテゴリで紹介しましたが、改めて…。

台湾総督府民政長官。満鉄初代総裁。逓信大臣、内務大臣、外務大臣。東京市第7代市長、ボーイスカウト日本連盟初代総長。東京放送局(のちの日本放送協会)初代総裁。拓殖大学第3代学長等、
数々の要職を歴任した後藤新平(1857~1929)は、大野にも関わり合いをもっています。

明治14年(1881年)当時若干24歳で愛知病院長だった彼は、大野に来遊。大野海岸の千鳥が浜で海水の試験を行いました。
その翌年、長与専斉が随行し後藤新平は再び来町し、詳細な調査や実験を行ないました。(大野町史より)
そして、後藤新平は一般人に対して日本で初めての海水浴啓蒙書である『海水功用論 』を著します。

gotosinpei2.jpg

上の写真は、大正9年、大野町役場にて撮られた写真です。 前列中央が後藤新平。
彼は、同年の12月より東京市長になっていますので、その直前に大野に来られたことになります。
その3年後の大正12年(1923年)に関東大震災が発生。
彼は、関東大震災後に内務大臣兼帝都復興院総裁として東京の帝都復興計画を立案。
復興に尽力したことは有名です。

東日本大震災から、一年立ちました。
中々復興が進まない今、彼の行動を見直してみるのもいいかもしれませんね。
(ヨクロー)




追悼、ザ・ピーナッツの伊藤エミさん

「ザ・ピーナッツ」の姉、伊藤エミさんが2012年6月15日死去されました。享年71。
ご冥福をお祈りします。


ザ・ピーナッツ / ふりむかないで (1962)

映画「アメイジング・スパイダーマン」 日本版テーマソングはSPYAIRの曲

映画「アメイジング・スパイダーマン」 日本版テーマソングは、地元のグループSPYAIRの曲「0(ラブ)GAME」です。
やりましたね!


 SPYAIR 0(ラブ)GAME
プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。