スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年は新美南吉生誕100年です。

siitan100p
来年は、「ごんぎつね」などで有名な童話作家・新美南吉の生誕百年です。
南吉童話イメージキャラクター「ごん吉くん」の絵が入ったご当地ナンバープレートを市に登録する五〇cc以下のミニバイクに交付するなど、地元・半田市では盛り上がっています。

南吉は大野にも関わり合いがあります。
生存中に唯一出版した「おじいさんのランプ」は、大野が舞台になっています。
今後、当ブログでも、いろいろ南吉についてお話していきたいと思います。

(ヨクロー)

スポンサーサイト

巳之助の灯り ~アニメで甦る「おぢいさんのランプ」~

minosuke.jpg
今から100年前の明治45年、知多半島に初めて電灯が灯りました。このできごとを題材に昭和17年に書かれた新美南吉の童話「おぢいさんのランプ」も今年で執筆70周年を迎えました。「おぢいさんのランプ」は南吉の第一童話集の表題作で、平成22年度には文化庁の若手アニメーター育成プロジェクトとして、株式会社テレコム・アニメーションフィルムによってアニメ化もされています。
 これらを記念し、今年の特別展では、新美南吉後期の代表作といわれる「おぢいさんのランプ」を取り上げます。
 文明開化が進む明治時代、ふるさと知多半島を舞台に巳之助という孤児の生涯を通して、新美南吉は何を描こうとしたのでしょう。アニメ化の過程も交えながら、現代に甦った「おぢいさんのランプ」の世界をご紹介いたします。

◆期間 平成24年7月14日(土)~10月14日(日)
◆場所 新美南吉記念館
◆観覧料 高校生以上210円(常設展示と共通)
◆協力 株式会社テレコム・アニメーションフィルム
◆後援 新美南吉生誕100年記念事業実行委員会

(以上、新美南吉記念館ホームページより抜粋)

tag : 童話

南吉が青春を過ごしたまち 安城

anjon1.jpg
南吉は、昭和13年から17年の5年間、安城高等女学校に教師として
赴任しました。
この間、南吉は多くの童話を書きました。
現在、安城市は、南吉プロジェクトを立ち上げ、生誕100周年の記念し、様々な事業を展開しています。
盆休みを利用して、私、安城に行ってきまいた。
そのいくつかをご紹介します。
(ヨクロー)

tag : 童話

安城商店街に南吉の壁画

annan2.jpg
安城駅前の商店街では、ところどころで、南吉の壁画が描かれています。
まず地元の美大生に下絵を書いてもらって、何店かの壁に描いてもらったたそうです。
商店街を散策するのが楽しくなります。

南吉館

nankichikan.jpg
今年4月にオープンした喫茶店です。
中は、南吉の資料、本、グッズ、土産品があり,南吉の博物館を擁しています。

「花の木村の盗人たち」の舞台

hananoki2.jpg


安城商店街の片隅に花の木橋の標石がありもす。
ここは、以前の花の木村であり、南吉童話「花の木村の盗人たち」の舞台となった所です。

hananoki1


「花の木村の盗人たち」のあらすじ ↓

続きを読む

tag : 童話

南吉バス

busnan.jpg

安城のコミュニティバスです。
しっかり、南吉の生誕100年をPRしてますね。

あの南吉が手にしている本

nankichi1.jpg

↑この南吉の写真有名ですよね。
南吉が手にしている本はこちらです。↓

yakouokina1.jpg

本のタイトルは「弥厚翁」
弥厚翁とは都築弥厚のことで、幕末に、明治用水の計画を立案した安城の有名人です。
南吉は、晩年、この本を参考にして、都築弥厚の伝記を書こうと思ったそうです。

この本は、南吉館に展示してあります。
南吉館のスタッフの方にお願いして特別に中身を見せていただきました。
(通常は閲覧できません)
yakou2.jpg

あの有名な写真から、南吉と安城の関わり合いを物語っていることが知りうるんですね。

尾張大野の南吉イベント

14poster.jpg

我が地元・尾張大野でも南吉生誕100周年イベントがあります。

10月20日(土)19:00より
おじいさんのランプの宿恩波楼にて

田中ふみえ語りきかせ(おじいさんのランプ他)

 &恩波楼当主創作童話「ゴンと潮湯治」朗読


問合せ先:0569-42-2131


onparo1.jpg

よろしければ、足を運んでみては?

「嘘」~大野を舞台にしたもう一つの南吉童話

「おぢいさんのランプ」の他に、もう一つ大野が舞台になっている南吉童話があります。
(厳密に言えば、大野と新舞子が舞台)

それは「嘘」という作品です。

この作品は「新児童文化」第3冊(昭和16年)に発表され、<久助君もの>と呼ばれる作品群の中の一つです。新美南吉の「久助君の話」「川」「嘘」など一連の作品には、「久助君」と呼ばれる同一の登場人物が登場し、<久助君もの>と呼ばれています。
「嘘」は、嘘ばかりつく転校生太郎左衛門の言動を久助の目を通して語った作品。

nankichi2.jpg<久助君もの>を含む以下の8作品は、著者が生前に編んだ唯一の童話集「おぢいさんのランプ」(有光社、昭和17年10月10日)に収録されています。

 「川」
 「嘘」
 「ごんごろ鐘」
 「久助君の話」
 「うた時計」
 「おぢいさんのランプ」
 「貧乏な少年の話」
 「あとがき」


「嘘」の内容は → こちら


(ヨクロー)
プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。