スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お江と佐治与九郎について話します。

uenojuri.jpg2011年NHK大河ドラマ「江(ごう)~姫たちの戦国~」の主役・お江役に上野樹里さんが抜擢されました。
映画『スウィングガールズ』やドラマ『のだめカンタービレ』等で主役を演じ、人気を博した若手実力派女優ということで、大いに期待したいと思います。

「お江」…
二代将軍徳川秀忠の妻であり、家光の母であるお江の最初の嫁入り先は、なんと地元・大野城の四代城主佐治与九郎一成だった。
ということで、当会としては、この案件は絶対避けて通れないと思っています。

今後、お江と佐治与九郎について調べたことをお話したいと思います。
二人の接点は、1583年(天正11)の賤ヶ岳の戦後から1589年(天正17)秀吉の命でお江が小吉秀勝と2度目の結婚をするまでの間です。この間にいつ結婚していつ離婚したのかは文献がなくはっきりせず、諸説入り乱れています。
結婚後、まもなく大野城は落城の憂き目に遭いますが、落城の真相もはっきりしてなくこれも諸説があります。
前述の伝説では、大野城は焼かれお江は佐治家の掛軸をもって命からがら逃げ延びたというのもでしたが、それもいろんな説の中の一つに過ぎません。
次回はそのいろんな説を紹介したいと思います。
(ヨクロー)

 ヒルクライム 春夏秋冬

続きを読む

スポンサーサイト

tag : 大河ドラマ

大野城落城の諸説

ここのカテゴリーでは、主に、お江とお江の最初の嫁入り先・大野城主佐治与九郎とは、いつどのように結婚・離縁させられたのかを研究したものを記します。

まず、その結婚離縁にはさまれるように、大野城はいつどのように落城したのでしょうか。
その事実を書かれた古文書はなく、
諸説を紹介します。

○与九郎が小牧山の合戦で家康に味方をしたので、秀吉の怒りを買って大野城滅亡。(系図総覧)

○天正年間、宮山城主佐治与九郎は、秀吉と一戦に及び、落城。その日金蓮寺一山迦藍、僧坊、兵火のために焦土となる。(安永8年筆、大野宝蔵寺蔵、大般若経経匱由来書)

○天正12年4月、小牧での一戦の後、家康が三河へ帰る途次、佐屋の渡りで船がなくて困っていたとき、佐治与九郎が船を提供、家康は無事岡崎へ帰ることができた。それを知った秀吉が怒って、お江を呼び戻し、大野城を滅ぼした。(柳営御婦人伝記)


○秀吉が、明智光秀・柴田勝家を成敗の後、尾張一圓は、信長の三男織田信雄に帰した。佐治与九郎もその信雄の輩下に属し、信雄の重臣、岡田重孝は、星崎の城に配置された。しかし、岡田は、天正12年3月6日、秀吉に内通する疑いで信雄に殺された。主を失った星崎城は、篭城して旧主信雄に対する構えを見せたが、緒川の水野忠重・勝成父子のもとに陥落した。その時、岡田方に味方した大野城も、旧主信雄の手の者に攻め滅ぼされた。(瀧田英二氏説)

三番目が通説となっているようですが、果してどれが真実でしょうか?

oonojonozu.png

また、いつ落城したのか?
1585年(天正13年)に書かれた織田信雄分限帳には佐治与九郎の名は見当たりません。
よって1585年以前、かつ、お江の嫁入り(1583年4月賎岳の戦い後)後
落城したものと思われます。

二人の父を失い、母・お市を失い、新婚早々すぐ落城の憂き目に遭う。
お江の不遇の時代はまだまだ続きます。
(ヨクロー)

 Captain & Tennille-愛ある限り( Love Will Keep Us Together )

続きを読む

お江の略歴

ogou1.gifお江は、天正元年(1573年)生まれ。
小督(おごう)、徳子、お江与、達子(さとこ)、崇源院(すうげんいん)
父は小谷城主・浅井長政。母は信長の妹・お市。
浅井三姉妹の末娘。
長姉・茶々(淀殿)は豊臣秀吉の側室、次姉・初は京極高次の正室。
お江が生まれた年の9月、父長政は小谷城の戦いに敗れ、自刃。
その後、三姉妹とお市は信長の弟・織田信包が保護。(三姉妹は秀吉の養女に)
天正10年(1582年)母・お市、柴田勝家と再婚。越前国北ノ庄城へ移る。
翌年4月、賎ヶ岳の戦いで北ノ庄城落城。父母とも自刃。

その後、お江は尾張国大野城主・佐治与九郎一成(母お市の妹・お犬の子。従兄にあたる)と結婚。
大野城落城。与九郎は信包の家臣に。
そして、秀吉の命で強制的に離婚。

天正15年(1587年)次姉・初は京極高次の正室に
天正16年(1588年)長姉・茶々は豊臣秀吉の側室に
天正17年(1589年)岐阜城主・豊臣小吉秀勝と再婚。
文禄元年(1592年)秀勝、朝鮮出兵中病死(9/9)。同年、完子(さだこ)出産。完子は淀殿の養女に。
文禄4年(1595年)徳川秀忠と再々婚(9/17)
慶長2年(1597年)山城国伏見城内の徳川屋敷で千姫出産(4/11)
慶長3年(1598年)秀吉病死(8/18)
慶長4年(1599年)珠姫出産
慶長5年(1600年)長丸出産(?)
慶長6年(1601年)江戸城西の丸で勝姫出産(6/12)
慶長7年(1602年)初姫出産(8/25)。長丸2歳で病死
慶長8年(1603年)千姫、7歳で豊臣秀頼と結婚
慶長9年(1604年)家光出産(8/12)
慶長10年(1605年)秀忠、二代将軍に
慶長11年(1606年)忠長出産
慶長12年(1607年)江戸城大奥で和子出産(10/4)
慶長20年(1615年)大阪夏の陣で、淀殿・秀頼死去。千姫は救出。
元和2年(1616年)家康死去(4/17)。千姫、本多忠刻と再婚
元和6年(1620年)和子、入内(後水尾天皇の中宮に)
元和9年(1623年)家光、三代将軍に
寛永3年(1626年)死去、54歳(9/15) 火葬される。
<誤りのご指摘、異説等ございましたら、御連絡ください>

oinuoichi.jpg
与九郎の母・お犬(写真左)とお江の母・お市は姉妹。

お江の人生は、時代に翻弄されながらも時代に逆らわない人生を送り、結果として、将軍の妻になるというシンデレラガールに。
しかし、それは彼女が望んだ幸せだろうか?
豊臣方・姉淀殿と敵対関係に…春日局との後継争い…
もし秀吉に政治の道具に使われなかったら。

思春期に一緒に過ごした佐治与九郎との蜜月の日日。
その時が彼女にとって一番幸せだったのではないだろうかと、私は勝手に推測している。
与九郎は、母お犬がかなりの美人だから、それなりの美男子だったであろう。
それに比べ、強制的に離婚させられた後、再婚相手は隻眼醜男(注:隻眼ではなかった説もあります)、再々婚相手は六つも年下。
運命と受け止めつつも、小娘の内心としては快く感じられないのでは。
お江は秀忠と再々婚の時、お江与と改名。
その名は江戸に与えるという意味で名付けられたという。
しかし、お江与の与は与九郎の与でもある。
改名は小娘のささやかな抵抗?
考え過ぎかな。(ヨクロー)

 「幸せの黄色いリボン」 ドーン

続きを読む

与九郎の略歴

佐治与九郎一成は、永禄12年(1569年)生まれ。嫡男。兄弟は二男一女。
与九郎は通称。信時、為吉、為次、一成
父は、尾張国三代目大野城主・佐治八郎信方。母は織田信長の妹・お犬。
弟、秀休。後に中川家に養子。妹は水野忠分の室に
天正2年(1574)父信方、長島一向一揆にて戦死。22才
天正5年(1577)母お犬、細川昭元と再婚。昭元との間には一男二女を儲ける。
天正10年(1582)9/8母お犬死去。6/2本能寺の変。お犬の姉・お市、柴田勝家と再婚。
yokurouzou.jpg天正11年(1583)?お江と結婚
天正12年(1584)岡田事件後小牧長久手の戦い開戦
天正12年(1584)?大野城落城
天正13年(1585)?織田長益が大野城近くに大草城築城始める

・その後、安濃津城主の伯父・信包の元に逃れ、家臣になる。
・秀吉の命で、お江と離縁。
・渡辺小大膳の娘と再婚。一男三女を儲ける。
・嫡男為成は弟中川秀休の養子に。

天正17年(1589)お江、小吉秀勝と再婚
天正18年(1590)信包、小田原征伐のときに北条氏政・氏直父子の助命を嘆願、秀吉の怒りをかう
文禄3年(1594)信包、近江2万石に移封されるも、慈雲院に隠棲、剃髪して老犬斎と号す
慶長3年(1598)秀吉死去。信包、秀頼の御伽衆に、丹波柏原与えられる。

・与九郎、剃髪して巨哉と号す
・妻・渡辺小大膳の娘と死別。

慶長14年(1609)於振(信長の娘)の前夫・水野忠胤が切腹
慶長17年(1612)?与九郎、於振と再々婚
慶長19年(1614)信包死去
慶長20年(1615)為成、大坂夏の陣参戦

・為成、二男三女を儲ける。長男・一置(孫)を与九郎の家督に戻す。

寛永4年(1627)7/22弟・中川秀休死去
寛永11年(1634)9/26与九郎、京都にて死去。65歳
寛永20年(1643)お振死去

・母お犬の方の菩提寺・竜安寺には、与九郎、秀休、お振の墓が並んである。

佐治与九郎一成の文献は至って少ない。わからない部分が多い。
秀吉にとって都合の悪い部分を削除されているような気がしてならない。

与九郎とお江の結婚の話をすすめたのは、前田玄以とか。
だが、私見ですが、母お犬の介在もあったのでは。
天正10年9月、死期の迫るお犬。見舞いに来る姉お市。
大野御前,大野姫と呼ばれたお犬は、信長の命で再婚したとはいえ、大野に置いていった我が子・与九郎を不憫に思っていた。
さらに3ヶ月前の本能寺の変で信長が死し、後ろ盾をなくした大野佐治家の行く先をも心配していた。
「姉上の娘御をぜひ与九郎に。大野佐治家を何卒お守りくだされ」
無きにしもあらずと思うのだが。
前田玄以は後に秀吉に仕えますが、だからといって秀吉が二人の結婚をすすめたことにはならないですよね。
もともとその結婚に秀吉は本意ではなかったから、後に、事実でない口実をいい、強制的に離縁させたのでは。
私は通説に異を唱えます。(ヨクロー)

 尾崎豊 - I LOVE YOU

続きを読む

大野佐治家と織田家

織田信長は、知多半島を掌握するためにも佐治をかなり重要視していました。

佐治宗貞(初代大野城主)は、室町時代後期、近江国から移住してきて、三河国守護職一色氏の家臣となる。
やがて一色氏の衰退により大野城を奪って3万石を領します。

その後、知多半島西海岸に勢力を持ち、
佐治水軍の将として伊勢湾全域の海上交通を掌握しました。

oonosuigun.jpg

織田信長は、この佐治氏の軍事力に注目する。

2代目・佐治為貞は、桶狭間の戦い(1560)に勝利した織田家の配下に入ることに。
彼は、木下藤吉郎の指揮のもと、清洲城の修復に従事しており、城の出来映えに満足した信長は、佐治氏に城の建築を任せるようになった。

この頃信長は妹お犬の方を、3代目・為興に嫁がせます。
為興は、信長の義理の弟となり、一字を与えられて佐治信方と名乗っている。
一門衆に等しい扱いである。(ヨクロー)

 浪花恋しぐれ 都はるみ・岡千秋

続きを読む

佐治の菩提寺・斉年寺

ekadanpizu斉年寺は、享禄4年(1531)に
大野城主二代目佐治上野介為貞が亡父宗貞の菩提のため、創建されものです。
ここは寺宝を数多く蔵していて、
中でも国宝「雪舟筆達磨大師二祖慧可断臂図」は教科書に載るほど有名です。
これは享禄5年(1532)に為貞が寄贈したもので、佐治家の繁栄がうかがえます。
同寺は最初は青海山上の大野城内に建立されましたが、
天正15年(1587)3月大野城回録につき、その家臣・粟津九良兵衛によって、
天正16年(1588)今の地(大野町9-139)に易地して再び諸堂を建立されました。

また、佐治家四代の位牌所でもあります。
大野佐治関係の資料は、斉年寺の資料からよるものが多いと思います。
(ヨクロー)

sajihoumei.jpg
 Love theme from Godfather

続きを読む

お犬の方~大野殿・大野姫~(与九郎の母)

oinufull.jpg
上の肖像画は、佐治与九郎一成の母・お犬の方の像です。
1582年の死の前後に描かれた追慕像で、細川家の菩提寺である京都・龍安寺に所有されてます。
姉のお市に負けないくらいの美人ですね。

父織田信秀。母不詳。兄信長。姉お市。号は大野殿・大野姫、法名は霊光院。
生年不詳。名前が生れ年の干支に由来すると仮定すると1550年生まれ。
兄信長は1534年、姉お市は1547年の生れであり、父信秀は1552年に没しているので、この年号に無理はないかと。
永禄11年(1568)?佐治信方と結婚。
永禄12年(1569) 与九郎出産。その後、次男秀休、長女出産。
天正2年(1574) 夫信方22才の若さで戦死。
天正5年(1577) 細川昭元と再婚。昭元との間には一男二女を儲ける。
天正10年(1582)9/8 死去。33才

お犬の菩提寺・龍安寺には、与九郎、秀休、お振(与九郎の後々妻・信長の娘)の墓が並んである。
yorurohaka.jpg
夫信方の死後、お犬は、信長の命で再婚したとはいえ、大野に置いていった与九郎らのわが子を不憫に思っていた。
私はそう思います。
(ヨクロー)

 また君に恋してる 坂本冬美

続きを読む

織田信包(お江・与九郎双方の伯父)

ここでは、織田信包(のぶかね)の存在を抜きにしては語れない。
彼は、小谷城落城後のお江を保護し、大野城を追われた与九郎を家臣にした人物なのだ。

天文12年(1543)生まれ。織田信秀の四男(六男?)。兄信長。妹お市。妹お犬。
お江・与九郎の伯父にあたる。
三十郎、信良、信兼、津侍従、老犬斎

nobukane

永禄12年(1569)長野工藤氏(長野氏)に養子入りして伊勢国上野城を居城とする
元亀2年(1571)安濃津城築城開始
天正元年(1573)小谷城落城後、お市と茶々・初・江の3娘を保護
天正5年(1577)織田姓に復帰
天正6年(1578)伊勢安濃津城ほぼ完成
天正8年(1580)伊勢安濃津城入城
天正10年(1582)お市、柴田勝家と再婚、3娘と共に越前国北ノ庄城へ
天正11年(1583)北ノ庄城落城。お市自刃。お江与九郎結婚
天正12年(1584)大野城を追われた与九郎を家臣にする
天正18年(1590)小田原征伐の時に北条氏政・氏直父子の助命を嘆願、秀吉の怒りをかう
文禄3年(1594)改易され近江2万石に移封も、慈雲院に隠棲、老犬斎と号す
慶長3年(1598)秀吉死去。丹波柏原藩主に。御伽衆の一人として秀頼の補佐役に
慶長5年(1600)関が原の戦いに西軍として参戦。敗戦したものの所領は安堵
慶長19年(1614)7/17大坂城内で吐血して急死。大阪冬の陣。家督は3男信則(1599生)が継承

お江が子供の頃過した津の信包の元に、与九郎は大野城落城後逃れている。
大野城落城からお江が再婚するまで、6年ものタイムラグがある。
本当にすぐ離縁させられたのだろうか。
そうでなければ二人の間に子供がいても不思議ではない。
実際、二人の間に子供がいるという説は存在する。
また、信包が慈雲院に隠棲した4年間、与九郎はどこで何をしていたのだろうか。
与九郎も巨哉と号し剃髪している。
憶測だが、ひょっとしてこの時信包に追従し、信包復権しても与九郎はそのままずっと僧侶に?

また、与九郎が子供の頃、津の伯父・信包に会う機会はなかったのだろうか。
大野と津は伊勢湾の対岸で、船で行けば目と鼻の先である。
もし会っていたら、その時、偶然お江と出逢ってなかっただろうか。
信包に訊いてみたい思いにかられる。
(ヨクロー)

 高橋真梨子 for you...

続きを読む

お江・与九郎の系図

keizihakase.png
お江・与九郎の系図を作ってみました。
ハカセの力作です。
今後の話の展開の参考にしてください。

(ヨクロー)

 Susan Boyle- I dreamed a dream lyrics (CD Album)

続きを読む

おきた・おぬいの存在

タイトルに書かれた「おきた・おぬい」て誰?
とお思いの方もいらっしゃると思います。
お江・与九郎の間の隠し子とされる二人の娘の名です。
そういう伝承が存在しますので、ここでご紹介します。

まず、
お江は、秀吉によって強制的に与九郎と離縁させられ、達子(さとこ)と名を変え豊臣家に、お江与と名を変え徳川家に嫁入りします。
仮に、この「おきた・おぬい」の存在が事実なら、豊臣家はもとより将軍家にとっても都合が悪く、歴史上に抹殺しようという意識が働いても何の不思議もないと思います。
「将軍御外戚伝」によると、
八郎信方、知多郡大野城主五万石、内室は太閤秀吉の妹南明院なり、
其男与九郎一成は江州小谷城主浅井長政娘即淀君の妹なり、
長久手合戦の時秀吉佐屋川の船を断切りしかば家康殆んど窮したりけるを信方一成父子船を大野より出し之を救ふ、
秀吉後之を聞き、怒って南明院及淀君の妹を奪い取り信方父子を自殺せしめ、佐治を滅す。

とあります。

当ブログの常連さんなら、もうお分かりでしょう。
上記の書かれている内容は、全くもって出鱈目ですよね。
信方の内室は南明院でなく、お犬の方。
信方自身、長久手合戦の10年もの前の長島一向一揆(1574)の戦いで戦死しています。
もちろん、与九郎一成もその時自殺などしてません。江戸時代の1634年までしっかり生きています。
小牧長久手の戦いも調べましたが、「秀吉佐屋川の船を断切りしかば家康殆んど窮したりけるを信方一成父子船を大野より出し之を救ふ」らしき事実はみつかりません。
むしろ、蟹江町史によると、秀吉側と家康側の水軍の名が書かれていて、そこには佐治の名の水軍はいません。
よって、これは事実と異なる全くの創作と言わざるをえません。

(注)南明院とは後に家康に嫁ぐ朝日姫のこと。彼女の前夫は尾張国の農夫で後に秀吉に仕える副田吉成というもので大野佐治家とは全く関係ない人物。

佐治与九郎が小牧長久手の戦いで家康を助け、そのことで秀吉の怒りを買い、お江と強制的に離縁させられたという説は明らかにおかしいのに、どうして、いまだにまかり通っているのでしょうか?
滝田英二氏(東京大学史料編纂所)は「常滑史話索隠」(昭和40年発行)の中で、「秀吉が大野城を攻め滅ぼしたという巷の暴論は問題外」とまで言っています。

1583年お江与九郎婚姻→1584年秀吉によって大野佐治滅亡→即離縁だろう→だから子供はいないだろう。
という説は根底から見直す必要があると思います。
秀吉に滅ぼされた人間が、どうして、秀吉の無二の家臣の信包のもとに逃れるのでしょうか?
将軍家としても、御台所(お江のこと)に隠し子がいたとしたら当然、事実は隠したくなる。
よってあのような創作が生まれたのでは。
こう考えるほうが余程無理がないと思います。
それ以外にも信長公記にもなぜか佐治のことが抜け落ちている(某学芸員)とのこと。

それでは、その隠し子の存在の有無を確かめたいと思います。
まず、「おきた・おぬい」の名はどこからでてきたのでしょうか。(つづく)
(ヨクロー)

 生まれ来る子供たちのために/小田和正

続きを読む

佐治日向守の説について

asahihime1.jpg前回、南明院こと朝日姫(右写真)の話に少し触れましたが、下記ご指摘を戴きました。
「朝日姫が家康に嫁ぐ前の夫は、副田吉成でなく、『佐治日向守』という人物だという説があります」
はい、確かにその説はありますね。
実は、その説は私も存じていて、それも調べてみました。
佐治日向守の名は「日本外史」に書かれています。
適佐治日向守者、秀吉欲奪之改適於彼也、明日使吉晴親正諭告佐治、佐治勉強聴命遺妻面自殺
内容は前述した「将軍御外戚伝」とほぼ同じ内容です。
しかし、佐治日向守=八郎信方を指すなら、この説は間違いですね。
「日本外史」も「将軍御外戚伝」も、この件については事実と異なっています。

たまたま、大阪新聞 昭和56年8月11日にこんな記事を見つけました。
戦国の女たち <31>富永滋人
秀吉の都合で、三度も結婚させられた女性がいる。
秀吉が保護していた”茶々””はつ””小督(おごう)”の三姉妹の中で、一番早く結婚させられた小督である。相手は尾張大野城主佐治一成という。
ところで、秀吉の妹”あさひ”が長年つれそった夫と離別させられ、家康に嫁いだことはすでに書いた。
そのとき、秀吉に離別を命じられた夫は、副田甚兵衛となっているが、一説に、佐治日向守であったという。この佐治日向守は”あさひ”を離別し、自殺をした。
その嫡男が小督の嫁いだ与九郎一成だとすれば、秀吉の意図みえみえになろう。・・・

(この記事は、この年NHK大河ドラマで「おんな太閤記」を放映していて、その関連記事です)
これを読む限り、佐治日向守なる人物の出所は、まちがいなく「日本外史」・「将軍御外戚伝」でしょう。
であれば、やはり朝日姫の前夫は、佐治日向守の説ではなく副田甚兵衛吉成という説の方が正しいです。
で、言い切っちゃいます。
架空人物・佐治日向守よ、ウィキペディアから去れ~。

朝日姫は、家康懐柔のため、兄秀吉に強制的に前夫・甚兵衛と離縁させられ、家康に嫁ぎます。
その後、甚兵衛と朝日姫は…
この悲しい恋物語はテレビで何回も放映されています。
しかし、お江と与九郎もそれに負けない位の悲恋話であると思います。
来年の大河ドラマでは、どのようなストーリーになるのか興味深々です。
NKH大河のチーフプロデューサー・屋敷陽太郎様、よろしくお願いします。
(ヨクロー)

 ロミオとジュリエット Romeo And Juliet

続きを読む

tag : 大河ドラマ

おきた・おぬい(2)

と与九郎の間の娘とされる「おきた・おぬい」の伝説。
実は数年前からずっと追っています。
かなりしつこく追っています。
彼女らの存在の有無を確かめることで、おと与九郎との婚姻生活の真実により近づけると思ったからです。
senga.jpg
「おきた・おぬい」の名は、昭和4年発行「大野町史」103ページにあります。
佐治与九郎が大野城が没落してから師崎の千賀家へ厄介になったといふ説がある。
此説に依ると、与九郎にはおきた、おぬいといふ二人の女子があって、千賀家で養育されて居たが、一人は盲女であった。後須佐村に小居を構へて居たから其地の百姓は之を千賀家の主君の娘だと云って今もおきた脇と云って居るといふことである。

と書かれています。
無論これが真実かどうかはわかりません。しかし、確かめる価値はあると思います。
佐治家と千賀家は親戚筋にあたります。
師崎は知多半島の先端。須佐村とはその隣の村で、現在は南知多町豊浜のこと。
昔「おきた脇」て地名は本当にあったのだろうか。もし存在していたら…。
次回(3)は、「おきたおぬい」ホリオコシ奮戦記をお送りいたします。

(参考ー井上靖「佐治与九郎覚え書」・澤田ふじ子「無明記」の本の中にも、「おきた、おぬい」のことが書かれています)

 Listen To What The Man Said - Paul McCartney - Digital Remix
(邦題ーあの娘におせっかい)

続きを読む

tag : 大河ドラマ

織田長益(有楽斎)

odaurakusai.jpgもう一人、この男を紹介しなければなりませんでした。

天正2年(1574)父信方、長島一向一揆にて戦死した時、与九郎はまだ5才。
佐治水軍を引き継ぐにはあまりに幼すぎる。
だからと言って、信長は佐治水軍を手放す訳にはいかない。
与九郎に早く一人前になってもらわねばならないが、
それまでの補佐役を一体誰に?
その男の名は…

織田長益(おだながます)
織田信長の実弟。織田信秀の十一男。源五・源吾・有楽斎如庵・有楽・有楽斎と称される。

1547年(天文16)生まれ

宇治城(津島市宇治町)に居城→蟹江城に居城

1574(天正2)大野城主佐治信方死去。信長の命により知多郡大野城に居城(入城時期は?)
1577(天正5)与九郎の母・お犬、細川昭元に再嫁。
1582(天正10)本能寺の変
1584(天正12)小牧長久手の戦い。大野城主佐治家滅亡。大草城築城開始
1590(天正18)主君信雄改易に伴い、摂津国嶋下郡味舌2000石に移封。大草城は完成前に廃城。
1600(慶長5)関が原の戦(東軍)の功績により大和国3万2000石拝領
1621(元和7)京都で死去。享年75。

織田長益は、信包同様、お・与九郎の叔父にあたります。
年譜を辿れば、佐治家滅亡の時にも大野にいたことになります。
1584(天正12)3月、小牧長久手の戦いの発端となった岡田事件が起こる。
岡田事件とは、織田信雄が、秀吉に内通した疑いにより重臣の津川・岡田重孝・浅井長時3人を殺害し、織田・徳川連合軍が秀吉との戦闘状態に入るきっかけとなる事件です。
その後、連合軍は、岡田の居城である星崎城を陥落させる。
その属城とされていた大野城も同時に攻めたのでは、というのが滝田英二氏説。
伝承では、攻めたのは水野とも戸田とも。どちらも家康方である。
秀吉の養女おを娶ったことで佐治にも秀吉内通の疑いをもたれたのか?
亡き信長の子である主君信雄が、結果的に、佐治水軍に見切りをつけたことになる。
大野城落城時、長益はどの様な行動をとったのでしょうか。
幼い夫婦お・与九郎にとって、叔父・長益はいったい敵か味方か?

ただ言える事は、この時に、これから佐治水軍の将として活躍するだろう機会を与九郎は失ってしまったということだ。
(ヨクロー)

 フランク永井 有楽町で逢いましょう 1974
(有楽町の地名は織田有楽の名から付けられたものです)

続きを読む

tag : 大河ドラマ

幼少・与九郎の後見役は

幼少・与九郎を補佐したのは誰?
もう一度、検証してみます。
少しマニアックな話になりますが、ビギナーの方、少々ご勘弁ください。

まずこの書状をご覧ください。
「天正2年(1574)、織田信長、尾張国大野城主佐治為平に、遠国在陣のための兵糧を尾張国知多郡内の商人に申しつけ、商売船での運搬を命じる」
愛知県史の鋼文年表で紹介されていました。事実でしょう。
ここにでてくる大野城主佐治為平とは?
尾張群書系図部集を紐解くと、為平とは与九郎の祖父・二代大野城主佐治為貞の別名になっています。
三代信方はこの年に戦死しています。
おそらく、この文面をもとに、「祖父・為貞が健在で、幼少の与九郎を補佐した」という説が出たのはないのでしょうか?
しかし、為貞は1556年(弘治2)4月29日に亡くなっています。法名前上州代守光国院殿心屋動印大居士。
よってこの説はありえない。
(冒頭の文面は6月5日の日付。信方が戦死したのは9月29日。よって、為平とは信方のことではないでしょうか?)

次に千賀系譜。
「天正二戌年春 月日不分明 織田有楽、知多郡領地致され候に付き、(師崎千賀家)本領の儀、替地相成る可き処、権現様(家康)より高木筑後を以て御理仰せ入れられ本領安堵仕り候」
これを要約すると「天正2年春のいつぞやの日に織田有楽が知多郡の領地を任され、師崎の地もそうなるところ、家康のおかげで…師崎千賀家は安泰であった」
春というのが少しひっかかりますが、これを信じる限り、信方の死後まもなく、有楽(長益)は信長の命で知多郡を任せれれたということに。
そしてその拠点は、当時知多郡で一番栄えていた地であり、主を亡くした城である大野城と考えるのが自然かと。

あと、するどいコメントをいただきました林秀貞の可能性について。(コメント感謝してます)
彼については大野佐治につながる文献を私は未だ探しえていない。
佐治水軍は、織田一門扱いされてたため、総称して北畠水軍の中に組み込まれていたという。
長島一向一揆の戦いの時、織田家の第一家老(当時信長の後見役)である林秀貞が佐治水軍を含む織田方を指揮してたとしても不思議ではない。(参考:秀貞の子・通政は、信方同様にこの戦いで討死している)
しかし、これだけの情報では、大野城主になりうるための否定か肯定かの判断はできない。
ただ、林秀貞は天正8年(1580年)8月、信長から過去の信行擁立の謀反の罪を問われて追放されているので、それ以降は代わりの別の者が大野にこなければならなくなってくる。また厄介だ。

この二人のどちらかだと仮定しても、どちらも信長の子・信忠付きになっているから、新しくきた武将はたいして大野城(又は旧大草城)にいなかったことになる。
結局のところ、名目は誰にしろ、実質的には、佐治の親戚・家臣たちが与九郎を育て補佐したのではなかろうか。
佐治家を本気で守ろうとするのは彼らしかいない。
いや、もう一人いた。
その者とは、
信方の三回忌を終え、信長の命で、大野を去り、細川家に再嫁することになる与九郎の母・大野姫ことお犬。
三人の幼い我が子達、与九郎・熊乃丞(秀休)・お豊(?)らとの別れ。
悲しくない筈はない。後ろ髪を引かれる想いだっただろう。
そして、いずれ大野は織田長益のものとなり、佐治家は追放されるのではと一番危惧していたのは、やはり信長の性格を知る彼女。
八歳になる与九郎に母・お犬は別れ際に何を告げたのだろうか。
信長にも長益にも大野を去り際に、大野姫・お犬は何を言い残したのだろうか。
(ヨクロー)

 木村カエラ  Butterfly LIVE

続きを読む

tag : 大河ドラマ

蟹江の合戦

kaniesiroato.jpgもう一度、
秀吉佐屋川の船を断切りしかば家康殆んど窮したりけるを信方一成父子船を大野より出し之を救ふ(将軍御外戚伝)らしき事実が
本当にあったのか、「蟹の合戦」をおさらいしてみます。
信方一成父子というのは論外ですが、少なくとも、一成だけでも家康を助けたかどうか。

の合戦とは、
天正12年(1584年)6月に起こった尾張南西部における羽柴秀吉(1586年、豊臣賜姓)陣営と織田信雄・徳川家康陣営の間で行われた戦い。主に蟹城における篭城戦であった。
天正12年6月16日
前田種定は、秀吉陣営の調略を受け入れる。
同時に種定の弟・前田長俊の守る下市場城及び、長男・前田長種の守る前田城も秀吉陣営となったが、大野城の山口重政は母親を人質に取られているにも関わらず調略に応じなかった為、滝川・九鬼勢は城攻めを行い、陥落寸前まで追い込んだ。
同日、蟹城落城の報せを聞いた家康・信雄は大軍を率いて蟹城に急行、陸路を断たれた滝川勢は海上経由で蟹城に、九鬼勢は下市場城にそれぞれ逃れ篭城。家康は大野城に入城した。
(ウキペディアから引用)

この合戦を調べるには、武田茂敬『蟹江城合戦物語』がオススメ。
大変詳しく書かれていて、色んな武将の名が書かれてますが、一字たりとも佐治の名はない。
古文書なら、太閤記・勢州軍記・尾州表一戦記・譜牒余禄・寛永暑家系図伝に蟹江の合戦が書かれているが、一切佐治の名は見当たらない。
また、蟹江町史に紹介されている「蟹江合戦ー小牧長久手合戦のうちー」(P113~163)も同様、佐治の名はない。
それどころか、P116。
4月…当時、徳川の水軍は知多郡大野(常滑市大野)に集結していた。
紀伊国牟婁郡向井(三重県尾鷲市向井)の出身向井兵頭助正綱(忠安)・伊勢小浜(鳥羽市小浜)の出身小浜民部左衛門尉景隆・伊勢千賀(鳥羽市千賀)の出身千賀孫兵衛重親や、もと武田水軍の伊豆国出身である間宮造酒之丞信高などである

知多郡大野は佐治水軍の拠点である。それなのに佐治の名がないではないか。
やはり滝田英二氏説の通り、3月の岡田事件の時に、佐治は大野城を追われたというのが妥当では…。

結論、
佐治与九郎一成は蟹江の合戦に参戦しておらず、
家康に舟を差し出して助けたことで、そのことを怒り秀吉はお江と一成を強制的に離縁させた…
という話は、やはり事実ではないとしか言いようがない。
また、ただの日向守と言えばまずは明智光秀のことであり、
佐治日向守という存在しない人物は、頭首に謀反を起こした象徴として、その名で創作されたものではないだろうか。
(ヨクロー)

 別れの予感 テレサ・テン

続きを読む

tag : 大河ドラマ

「新正名NO.29」(昭和3年発行)より

sanojozo.jpg大野町の老人会の名を「明生(めいせい)会」という。
なぜ、「明生会」というと、昭和初期に「正名(せいめい)会」という町の有識者たちが侃々諤々話し合っている会があり、その会がその後発展解消し、老人会となり、正名の名をひっくり返し、明るく生きましょうということでそう名付けられたそうです。(高須孝さん談)

その正名会には、「新正名」という機関紙があった。
発行人は、佐野重造氏。大野町史(S4発行)を編纂した人だ。
昭和初期、彼も佐治没落の真相を追っていた。
色んな文献を漁り、所々足を運び、調べれば調べるほど、矛盾点にぶち当たり悩んでいた。
当時は、ネットもなく、今より文献も少なく、情報をつかみ精査するのは至極大変。
交通網だって発達していない。
そんな彼も、わざわざ蟹まで行って調べにいっている。
そして、蟹と佐治とが繋がる確証が何も得られず、非常に残念がっている。

しかし、天国にいる佐野さん、残念がる必要はありませんよ。
何の繋がりもないことが、確証なのだから。
あなたの行動は決してムダではなかったのです。

以下、「新正名NO.29」(昭和3年7月1日発行)より
geta.jpg五日、端午の節句で、五黄会の連中はギマを釣りに出掛けると云って自分も誘はれてゐたが朝は雨になつてゐたから、自分は高足駄をつっかけてぶらつと家を出た。
に行つて見る気になる…佐治没落の様子が多少解らないかと思つて。
知多郡史では佐治の没落は天正十二年小牧長久手の役蟹戦争で、佐治は敵である家康を大野船で逃した為め秀吉の不興を蒙り、家康からは二股膏薬とにらまれたのが佐治没落の原因であるだといふのだ。
の役場に訪れる。其処には今様犒保巳一・慶春といふ按摩さんが綴った町史がある。町長は一向此方面の趣味がないやうであつたから、兎も角按摩慶春さんを訪れる。
慶春さんは一人の患者を揉みながら話しかけた「私はただ好きなだけで学問もありません。学校の先生や皆さんにお世話をかけて、それでも丁度三年ばかりかかりました」と町史の骨を折れた時のことを愉快さうに物語る。町史は謄写版印刷であつた。
「私は、あれを皆暗記(ソラ)でやったので、間違いもあるだろうと思つて居りますが、それでも蟹の戦争のことはいろいろの本から抜書さしてもらつて大分集めたつもりです」と手さぐりで箪笥から参考書類を出して見せるのであつた。
「蟹江城主信正は北畠氏の家来で、天正十年に城主となつたのだが、天正十二年に信雄の命に依り兵五千を率ひて亀山城を攻めることになつたとき、其留守番に前田種利といふのが居た。種利は秀吉方の滝川一益の親戚になるので、之を口説き落して秀吉方にして仕舞ふ。処が蟹江城の殆ど隣接して佐屋川の西側に大野城がある。此城主は山口長十郎重正と云つた。滝川一益は之をも説いて身方にしようと努めたが応じなかつたので戦争が開始された。家康は信雄方であつたが此戦争に於て随分苦戦した。天正十二年六月十六日蟹江城の兵は兵船に乗つて佐屋川を剃り大野城を攻める時に、大野の兵の為に船二艘を焼かれる……」
「其戦争で大野といふのは勿論、大野城主重正の方を指すに違ひないが、知多郡宮山城主佐治与九郎といふものが加つてゐたとか、大野船に依つて家康を逃すとかいふことがあつたかしら?」
「それは一向知りません」
佐屋川につないだ大野船に家康が逃げ込んだことがあつたにした処が慶春さんの話しで見ると一向差支がないことになる。
「大野船?」(中略)
寳(たから)の山に入り乍(なが)らといふ感じがしながら、之れといふ確証を得ずに帰らねばならぬのは残念でたまらなかつた。

 (ヨクロー)

 Raindrops Keep Fallin' On My Head  BJ Thomas

続きを読む

tag : 大河ドラマ

大野佐治家系図

sajikeizu100725.gif
大野佐治家系図を作ってみました。
主に、「尾張群書系図部集」を参考にしました。
大野佐治家系図は、甲賀とかいろいろな所に数種類あって、微妙に違っています。いやかなり違うのもあります。
まあ、通説というかスタンダードな系図ということで、これをアップします。
しかし、検証してみると、疑問点が多々でてきます。
例えば、嫁入り先の相手と年代があわないとか、異常に長生きしてるとか。
大野佐治家は四代続いたと周知の事実のように伝えられていますが、六代続いたようにも考えられます。
以前、「為平とは、二代為貞のことではなく、三代信方ではないか」と言いましたが、為貞と信方の間に為平自体が存在していたのではと最近思えてなりません。
しかし、それを仮定すると、じゃあ他の兄弟とかの絡みはどうなんだということで訳がわからなくなってしまいます。
今後徐々に、真相を追究していきたいと思います。
皆さんの協力も頂けると大変有難いです。
一言、系図手強し!
(ヨクロー)

 一青窈 ハナミズキ

続きを読む

tag : 大河ドラマ

与九郎の兄弟

「尾張群書系図部集」によると、与九郎には弟と妹がいる。
調べてみる。

弟は秀休(1570~1627)といい、幼名・熊之助。
加賀前田氏の家臣・中川氏に養子になってっている。中川久右衛門。
いつ、どういう経緯で養子になったのだろうか。
織田の関係であることから、やはり子を思う母・お犬の方の介在があったのではないだろうか。
1587年(天正15)1月10日、フロイス「日本史」第1巻12章に「お犬の子・熊之助は大坂の修道院に行き、洗礼を受けた」と記載あり。
秀休には子はなく、与九郎の子・為成を養子にもらっている。その為成は二人の男子を儲け、長男・一置は佐治に戻り、次男・成正が中川家の家督を継ぐ。その成正には男子がなく、一置の三男・置弘を娘婿にもらっている。
少しややこしいですね。

妹ですが、布土城主水野忠分の妻となり、新城城主忠長の母になっている。
しかし、妹の存在は大いに疑問が残る。
東浦町教育委員会発行の「戦国時代絵巻 徳川家康の母 於大の方と水野氏」によると、
水野忠分の生没は1537~1578。
その子・忠長の生没は1562~1623。
確かに忠分は佐治娘を妻に迎えているが、
与九郎と秀休は1570辺りの生まれだから、彼らの妹であることは考えられない。
おそらく、その上の代か上の上の代の佐治娘の間違いではないでしょうか。
よって、与九郎の兄弟は秀休だけでしょう。
何か情報をお持ちの方はご連絡下さい。
(ヨクロー)

 あずさ2号 狩人

続きを読む

tag : 大河ドラマ

佐治娘の時代検証

前出の大野佐治家系図の中の娘が、本当にその代なのか、時代検証してみたい。
殆どが近隣の城主に嫁入りしているが、
娘の生没はわからないので、夫の生没を記す。
娘A夫 蒲生高
娘B夫 蒲生正秀
娘C夫 水野忠分(父忠政) 1537~1578
娘D夫 水野信近(父忠政) 1525~1560
娘E夫 久松俊勝・・・・・・・・1526~1587
娘F夫 久松信俊(父俊勝)・・・・?~1577

続いて、大野城主生没
初代 1490頃?~1530
二代 1510頃?~1556
三代 1552?~1573
四代 1569?~1634
(注:没年は明確だが、生年は推定。こうしてみると二代と三代の間にもう一代あるような気がしてならないが…)

蒲生高・蒲生正秀については、蒲生系図に見当たらない。
とは高郷?正秀とは定秀?
娘A・娘Bについては、今回は持ち越しとさせてもらう。
娘Fは3代目の兄弟に属するのはまちがいないでしょう。
娘C・D・Eについては、初代・三代・四代の兄弟に属さないのはまちがいない。
じゃあ、必然的に二代目の兄弟に属することに…。
しかし、いまいち釈然としない。
私の頭の中はパニック状態。
いっそのこと、タイムマシンで過去に行って、確認した方が早い。
誰かタイムマシン開発して~。
(ヨクロー)

 タイムマシーンにお願い ー サディスティックミカバンド

続きを読む

tag : 大河ドラマ

大野佐治家の家紋

sajiamon.jpg
佐治家の家紋は、「扇に日の丸」です。
甲賀の本家佐治は、扇の骨が9本あるそうです。
本家筋に遠いほど、9本骨・7本骨・5本骨と骨の数が減ります。
大野佐治家はご覧の通り、9本骨です。(写真は大野佐治家の菩提寺・斉年寺の瓦)
某サイトで、「大野佐治家は5本骨」と紹介してありましたが、それは間違い。
そのことを斉年寺の住職に伝えたら、「うちは本家と同等であり、末流ではない」とかなりご立腹。
そこの管理人さん、訂正して下さいね。
sajikamon.jpg
同寺のお堂の鉄の門扉にも家紋が模られている。
扇の骨を数えてみると10本ある。
あれ?
再び住職に訊いてみる。
「それは建築業者がまちがって、10本にしてしまった。できてしまった後に気付いたのでどうしようもなかった」
歴史なんてこんなものだろうか。
住職がご健在でよかった。
もう一度、言います。

大野佐治家の家紋は「扇に日の丸」、扇の骨は9本。

これが正解です。
(ヨクロー)
プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。