スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大野祭りの由緒

08yoi1.jpg
伊勢湾に面する大野町は、中世より湊町として栄え、尾張藩政以後も武家の工芸をまかなう地として、大野鎧は世に名高く、「時計儀」も作られ、我が国最初の時計師、津田助左衛門も大野鍛冶を利用して時計師となっており、助左衛門は徳川家康のお抱え時計師でありました。

大野祭りについては、現在、5月3日宵神楽・4日本祭りに行われ、山車は、高須賀町「唐子車」・橋詰町「紅葉車」・十王町「梅栄車」の3台が曳かれ、権現町の巻藁船「権丸」が江崎社から大野橋まで矢田川を遡上してきます。
高須賀町・市場町の氏神さん「小倉神社」 橋詰町の氏神さん「風宮神社」 十王町・鍛冶町・上砂子の氏神さん「天満社」 下砂子の氏神さん「内宮御祭宮社」で(からくり人形)を奉納しましたが、現在では交通事情のため、その年によって各車とも色々です。

3日の宵神楽には、三台の山車に提灯を点灯し大野橋上に揃い、川には巻藁船が遡上し365個の提灯を点灯して笛や太鼓のお囃子でお神楽を挙げるときは勢いよく回す。又、山車もそれぞれお神楽の競演となり、幻想的な祭りは最高潮となる。
4日の本祭りは、3台の揃い曳きになり、昼過ぎには大野橋上に三台、川に船、そして「からくり人形」の各車競演となり大いに祭りが盛り上がります。
上記以外の町内では、子供獅子で町内の安全無病息災を願い氏神さんを始め、町内を廻り大野祭りを盛り上げ、より楽しいものにする。

(ハカセ)


Shelly Manne - Speak Low
スポンサーサイト

tag : 祭り

「紅葉車」を科学する。

kouyousya.jpg 「紅葉車」は、橋詰町の山車である。

道具入れの箱書きに「癸文久3年(1863)亥8月吉日、南天道町御車大工久七、彫刻師瀬川治助」と墨書があり名古屋の御車大工酒井久七により創建されたと考えられる。
以前に使用された山車は、隣町の西之口に売却され、西宝車となって西之口祭りで活躍している。

名古屋型。
創建は文久3年(1863)
構造は、二層四輪。台輪、堂山、上山、麾振棚でできている。
彫刻は、高欄は源氏香、前支輪は紅葉、上支輪は雲に星、懸魚は鳳凰、太平鰭は雲が彫られている。瀬川治助重光の作。
水引は、名古屋画家喜田華堂の下絵による、鶴の飛翔。
前幕には、緋羅紗に橋詰町の文字。
大幕は緋羅紗の無地。
奉納神社は、風宮神社。

からくり人形は、
麾(ざい)振唐子・小唐子(逆立ち唐子)・中唐子(太鼓)・豊臣秀吉の四体ある。
人形の作者、年代は明確な資料が無いのでわからない。古い人形箱の写しに、天保6年(1835)の名があるのでそのころのものと考えられる。作者は麾振り以外は5代目玉屋庄兵衛作である。
ぜんまいが回り、小唐子が紅葉の幹に飛び移り逆立ちし鉦を捌(さばき)き鳴らす。
このからくりの戯は、聚楽第にて太閤秀吉が楽しまれたという故事によるものである。
逆立ちからくり戯はこの地に古くから伝わる大野鍛治の時計技術等を生かした人形戯となっている。操者は6人。

囃子は、
神 楽(五曲程あり)
本 楽=中神楽、早神楽、車切り、横須賀車切り、八兵衛、大神楽
宵神楽=中須賀、七間町
道 行=平八、西之口打ち込み,戻り囃子、本打ち込み、竹雀
人形操作曲=出羽、オヒャーオヒャー、雀の舞、早笛

紋章は、五七桐(ごしちのきり) 57kiri

(ハカセ)


Gerry Mulligan - Night Lights

tag : 山車

「梅栄車」を科学する。

baieisya.jpg「梅栄車」は、十王町の山車である。

「梅栄車御車之記」によると十王の山車は天明5年(1785)~天明6年に建てられ、毎年曳き回されたがこれを宮山へ売却し、嘉永元年(1848)に改め創建されたのが現在の梅栄車であり、総費用は575両と記されている。
この時の山車創建の様子は嘉永2年(1849)酉8月初旧の「金普源細信誌」に記されている。

名古屋型。
創建は、嘉永元年(1848)
構造は、二層四輪。台輪、堂山、上山、麾振棚でできている。
彫刻は、高欄に雀、前支輪に松、上支輪に梅、台輪に竜と蝙蝠、懸魚に鳳凰、太平鰭に太陽と月
水引は、蜀江の錦、中国の唐織錦
前幕には、緋羅紗に十王町の文字(市河米庵筆)、大幕は緋羅紗の無地
奉納神社は、天満社。

からくり人形は、
麾(ざい)振唐子、笛吹唐子、蘭陵王、渡唐天神の四体。
人形箱の蓋に板書があり、これによると梅栄車のからくり人形は、幕末の細工名人、二代目隅田仁兵衛 藤原眞守の作であることがわかる。
又、麾振人形の首の回転受けに「木偶師眞守」とあり嘉永2年(1849)の作とある。
唐子の面かぶりで、舞楽の「蘭陵王」が演じられる。
唐子が胸を開くと、舞楽の蘭陵王面が飛び出し顔につくという他に例のない仕掛けである。 操者は5人

囃子は、
神 楽(五曲程あり)
本 楽=大神楽、悠神楽、早神楽、車切り、車切り崩し、平八、伊さ
道 行=平八、西之口打ち込み、戻り囃子

紋章は、梅鉢(うめばち) umebachi

(ハカセ)


Thelonious Monk Quintet - Pannonica

tag : 山車

「唐子車」を科学する。

karakosya.jpg「唐子車」は、高須賀町の山車である。

「弘化丁未4歳(1847)5月吉日永代記録」のなかに寛保元年(1741)に高須賀が山車を持ったという記録があり、以後、高須賀町は、今日までこれを曳きまわし続けている。
天明年間(1781~1788)に大修繕された。
名古屋型山車の原型を留め、現在各地で曳かれている中では最古のものである。

名古屋型。
創建は、寛保元年(1741)
構造は、二層四輪。台輪、堂山、上山、麾振棚でできている。
彫刻は、高欄に波と貝、前支輪に松、上支輪に松、懸魚に雲、太平鰭に太陽と鬼
水引は、狩野派、土佐派の森高雅の下絵による、鳩の飛翔

前幕には、緋羅紗に唐子車の文字、大幕は緋羅紗の無地
奉納神社は、小倉神社

からくり人形は、
麾振唐子、子唐子、大唐子、塩土老翁の四体。
大唐子と小唐子に2体のからくり人形は、名古屋若宮八幡社の福禄寿社の逆立ち唐子宝暦11年(1761)と同じ蔦屋藤吉の作による天明期のもので、からくり研究上貴重な資料ともなっている。
大唐子と小唐子の肩車、小唐子が松ノ木へぶら下がり太鼓を叩く。
極めて名古屋形の色彩が濃い人形戯で、からくり技の難度も高いもので、名古屋玉屋町の西王母の人形戯を基にしているといわれる。 操者は4人

囃子は、
神 楽=神名神楽、宮神楽、獅子神楽
本 楽=大神楽、夕神楽、早神楽、車切り、横須賀車切り
宵神楽=雨垂、狂言神楽
勇み囃子=平八、平八くずし、本打ちみ、道曳き囃子
紋章は、木瓜(もっこう)mokko1.jpg

(ハカセ)


ジャズ・メッセンジャーズ/チュニジアの夜

tag : 山車

「権丸」を科学する。

gonmaru.jpg「権丸」は、権現町の山車舟である。

旧権丸は昭和34年5月の祭礼まで使われていたが,
その年の9月26日、伊勢湾台風で流出大破してしまった.
しかし、幸いやぐらと提灯台座は免れた。
古い屋台幕には安政2年(1857)と記されているので、それ以前に建造されたと考えられる。
昭和63年(1988)権現町の熱意により悲願が叶い復元建造された。
5月3日の宵神楽に大野橋の山車3輌が待つ所へ遡上して提灯をまわす姿は祭りのハイライトになっている。

構造は、双胴舟 巻藁舟
提灯  365個
真榊   1対
日月錦旗 1対
内玉垣扉 1貝
彫刻ー木瓜竜
幕ー緋毛氈
奉納神社は、江崎社

舟囃子は、
岡崎、火灯し、曲がり角
神楽=神名神楽、神名、神楽崩し、宮神楽、獅子神楽、獅子神楽崩し、三文神楽
地上道行=本打ち込み、西之口打ち込み、祇園囃子、平八

紋章は、木瓜竜(もっこうりゅう)
(ハカセ)


死刑台のエレベーター - MILES DAVIS

tag : 巻藁舟

子供獅子

08hon20.jpg

権現町・鍛冶町・市場町・上砂子町・下砂子町等、山車をもってない町は、
5月4日の本祭りの朝、子供獅子が町を繰り出します。

08hon21.jpg

獅子舞をかぶった子供の行列が各家庭に志を戴きに回ります。
壮大な山車もいいですが、かわいらしい子供獅子もいいですよ。
(ハカセ)


"Beautiful Name" ~Godiego(1979)

tag : 祭り

大野の「神輿」

大野には「神輿」もあります。
そのことを地元でもご存じない方が多いと思います。
それもそのはず、ずっと内宮御祭宮社に眠っているのです。

mikoshi.jpg
上の写真は、ずっと中断していた神輿が、昭和34年(1959),皇太子の御成婚を祝し、
戦後唯一まつりに繰り出されたという貴重な一枚です。

mikosi2.jpg
1861年(文久3年)に改造したものですが、実にきらびやかですね。

mikosi3.jpg
神輿の由緒は、上の写真をご覧下さい。

mikosi4.jpg
神鏡十二面

mikosi5.jpg
昭和34年大野橋にて。
次に繰り出される日はいつでしょうか。
(ハカセ)


美空ひばり  やくざ若衆祭り

tag : 祭り

きたまつり

kitamatsuri2.jpg

あれ?大野は山車が三台しかないはずなのに、上の写真には五台もありますよね。
実は、平成14年、大野町と南隣町の西之口は、初めて、合同で祭りを開催した時の写真です。
名称を「きたまつり」といいます。
常滑市の北部のきた、春がきた、ひとがきた。という意味で命名されたそうです。
例年になく人で賑わったそうですが、やってる方は慣れてないこともあり、かなり大変だったそうです。
平成19年にも、2回目の「きたまつり」は開催されました。
次回はあるのでしょうか?
(ハカセ)

kita19nen.jpg



アイ・ジョージ 赤いグラス 1965
(Fさんのリクエストです)

tag : 祭り

からくり人形

大野の山車は名古屋型。
上部が屋台になっていて、そこで、からくり人形の実演があります。
人形のからくり技は、難度が高く、実に見ものです。

koyokara.jpg
紅葉車ー小唐子が紅葉の幹に飛び移り逆立ちし鉦を捌(さば)き鳴らします。

08hon7.jpg
梅栄車ー唐子が胸を開くと、舞楽の蘭陵王面が飛び出し顔につきます。

karakokara.jpg
唐子車ー大唐子と小唐子の肩車、小唐子が松ノ木へぶら下がり太鼓を叩きます。
(ハカセ)


弘田三枝子 - 人形の家(紅白)

tag : 祭り 山車

365個の提灯 

山車舟・權丸の、365個ある提灯は回転します。
5/3の宵祭り、大野橋では、囃子もかきょうに達し、提灯が回転するとドッと歓声が上ります。
山車のからくり人形同様見ものです。

08yoi2.jpg

もう一つ、
見もののオススメは提灯を取り付けるところ。
5/3の夕方、矢田川河口にある江崎社で行なわれます。

08yoi3.jpg
365個の提灯に一個づつ火をつけます。

08yoi4.jpg
皆でバケツリレー方式で火がついたままの提灯を舟に運びます。
よかったら手伝ってください。

08yoi5.jpg
1本1本提灯のついた竿を穴に挿します。

08yoi8.jpg
もうすぐ完成です。

08yoi1.jpg
空も暗くなり、365個の提灯を携えた權丸は、山車が待っている大野橋へ、
いざ出陣!
(ハカセ)


宇宙戦艦ヤマト-佐々木功

tag : 祭り 巻藁舟

おたちくさん

20080611055609.jpg
「おたちくさん」とは?
津島神社(古くは津島牛頭(ごず)天王社)の津島天王まつりに関連してひらかれる当地の祭礼です。
大野地区では、6月末から7月中旬にかけて、
鍛冶・高須賀・橋詰・十王・権現・市場各地区が約一週間、
お囃子などし、疫病・厄難除けをお祈りし、町内を巡回します。
これは古より天王信仰が定着したもので、
今では、夏の風物詩として親しまれている伝統ある町内行事になっていて、
特にこちらでは、「おたちくさん」と呼んでいます。
ちなみに、西之口等、大野町周辺の地区でも「おたちくさん」は行なわれています。
(ハカセ)
ota6.jpg



Stan Getz Quartet - Desafinado / Girl From Ipanema /

tag : 祭り

昭和10年頃の紅葉車

S10koyosya.jpg

昭和10年頃の橋詰町の紅葉車の写真です。
写真に写っている人で、ご存知の方がいらっしゃいますか?
煙突が見えますが、撮影場所はどこでしょうか?
今年の春、社務所にあった歴代の紅葉車の写真をまとめてみました。
この写真が一番古いです。
順を追って、紹介します。
写真について情報をお持ちの方、ご連絡をお待ちしてます。
(クロエモン)

平成23年・大野まつり

110504baieisya.jpg
黙祷。
義捐金の募金。
山車に「東日本早期復興祈願」の垂幕。
東日本大震災で被災された方々を慮っての今年の大野まつりでした。

日本中が頑張って、一日も早く復興して、明るい日常を取り戻したいですね。

来年は、5年に一度のきたまつり。
大野まつりは、隣の西之口地区と合同で行います。

(ヨクロー)

tag : 山車 祭り 尾張大野

5年に一度の「きたまつり」

kitamatsuriposter.jpg

5年に一度の、大野地区と西之口地区の合同の祭り、「きたまつり」がいよいよ来週の土日、4月28日・29日に開催されます。
両地区とも、格式を重んじ、神事として祭りを捉えています。
必見!
天候に恵まれることを祈っています。
(ヨクロー)

tag : 祭り 山車 巻藁舟

平成24年きたまつり

H24kita1.jpg

大野橋に5台の山車が出そろう!
五年に一度のきたまつり(大野・西ノ口地区合同)が4月28・29日に開催されました。
今回が3回目です。
天候にも恵まれ、大変よかったです。


tag : 祭り 山車 巻藁舟

プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。