スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おきたおぬいホリオコシ奮戦記 1

おきたおぬいを調べよう!

与九郎とおの間には「おきた・おぬい」という二人の娘がいたという伝説。
佐治与九郎が大野城が没落してから師崎の千賀家へ厄介になったといふ説がある。
此説に依ると、与九郎にはおきた、おぬいといふ二人の女子があって、千賀家で養育されて居たが、一人は盲女であった。後須佐村に小居を構へて居たから其地の百姓は之を千賀家の主君の娘だと云って今もおきた脇と云って居るといふことである。
(「大野町史」昭和4年発行より)

ある日、ハカセとヨクローとの会話。
「ハカセ、おきたおぬい伝説は本当でしょうか?」
「実は、もう30年も前の話だが、大野の歴史に詳しいAさんが、師崎のある南知多まで行って『おきた脇』の場所を探しに行った。そして、ある日『わかったぞー』て言っとった」
「どこだったんですか」
「んー、その時儂は特に歴史に興味がなくて、よく聞かなんだ。しまったなあ」
「今Aさんは?」
「とうに亡くなったよ」
「残念」
二人は目と目があった。あたかもアイコンタクトをとってるように。
「ヨクロー君、南知多に行って調べにいこうか」
「いきましょう、いきましょう」
二人はヨクローの車でいざ南知多へ。
南知多は知多半島の最先端。温暖で回りは海で囲まれていて実にいい所だ。
例えるなら、米国フロリダ半島のマイアミビーチのような所かな。行った事ないけど。
気分良くドライブ。
「ハカセ、まずどこへ行けばいいんですかね」
「南知多の町役場に行こう。そこで聞けばすぐわかるんじゃないか」
「なるほど」
もし私たちの手でおきたおぬいの存在が証明できたら、これはすごいことでは。
私は胸をときめかしながら、アクセルを踏む。
しかし、ある重要なことに気がつく。
「ちょっと、ハカセ、今日は日曜っすよ。町役場は休みじゃ…」
前途多難である。
(つづく)


Miami Sound Machine Conga
スポンサーサイト

tag : 大河ドラマ

プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。