スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おきたおぬいホリオコシ奮戦記 6

一人、須佐村へ

「ハカセ、もう一度南知多にいきませんか?」
「ごめん、ヨクロー君、ちょっと・・」
仕方なく、一人で行く。
実は、彼と一緒だといつもいいことがあるのだ。いつも何らかの収穫がえられるのだ。
本当である。
私は、ハカセを福の神と思っている。

私はY説に逆らい、須佐村(現南知多町豊浜)あたりに行く。
「すみません。ここらに”おきた脇”て地名なかってでしょうか?」
地元の人数人に聞くが、伝説の話は全く知らない様子。
千賀家の菩提寺・正衆寺、内海佐治の菩提寺・性海寺の住職にも聞くが、何の手掛りも得られない。
「あの人が歴史に詳しいですよ」と聞いては、その方の所まで行っても同様。
正衆寺には千賀家代々の墓がいっぱいある。ひょとして「おきたおぬい」の名が見つかるかもと思ってしらみつしに見てみたが、字が読みにくくてさっぱりわからない。

再び、南知多町郷土資料館に行く。
再び、Y氏に会う。
「だから、豊浜にはおきた脇はないと言っただろうが。あったら、わしがとっくに見つけとるわい」
Y氏は、豊浜の隣の地区・師崎に生まれ育った。

南知多町史資料編近世村絵図(天保12年)を見せていただく。
いくつか「脇」とつく地名がある。
たこち脇・大くご脇・棚畑脇・堂庭脇・長命寺脇・鯨脇・東山脇。
おきた脇は見当たらない。
この日は何の収穫もなかった。
susa.jpg

殆どの地元郷土史家は「おきたおぬい」はいないとみている。
「おきたおぬいを調べてる」というと大概冷めた眼でみられる。
「いるという証拠はまだ見つかってないけど、いないという証拠も見つかってないじゃないか」
この日、私の心は壊れそうになった。
(ヨクロー)


ハート・オブ・グラス Heart of Glass/ブロンディ Blondie
スポンサーサイト

tag : 大河ドラマ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。