スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家康の伊賀越えルート

goieyasu.jpg本能寺の変の時、家康は堺にいて、命からがら三河に逃げ帰った。
その時のルートで、伊賀を抜け、白子から船で伊勢湾を渡り、知多半島に上陸、成岩から再び船で大浜へ渡り、三河へ・・・

この話、江とは関係ないと思っていましたが、
大河ドラマ5話目で、なんと江が家康の伊賀越えに帯同していたので、お話ししましょう。

地元では、家康は大野に上陸したいう説があります。
ていうか、まず、まちがいないんじゃないかなと思います。

大久保彦左衛門の書いた「三河物語」~元和8年(1622)~では上陸地点は大野となっています。
また、半田市成岩の「常楽寺由緒」~寛永14年(1638)~には、
家康、大野の東龍寺に到着。後、東龍寺住職に案内してもらい、常楽寺に着いたとされています。
東龍寺住職は家康の母(於大の方)の妹の子にあたり、常楽寺住職はその東龍寺住職の弟にあたります。
その他に大野の大庄屋・平野家の文書にも、家康は大野にきたと書かれています。

常滑に上陸したいう説もありますが、こちらは、伝承と状況証拠だけで、特に文献はないようです。
仮に常滑に上陸したとしても常滑城の水野監物は明智方の付いてしまったことを訊いて身の危険を感じ、急遽大野に向かったのではないのでしょうか?(これが正しそう)

もうひとつ、白子から舟に乗り、いきなり大浜(現碧南市)の着いたという説があるそうですが、これは論外でしょう。
一色か吉良あたりに上陸ならわかりますが、どうして知多半島を沿うように大きく迂回する必要があるのでしょうか?
しかも根拠が大野と大浜を書き間違えたのだろうとのこと。
大野は、尾張国なのに、三河国と間違った注釈が現代の本に書いてあるのでこの説がうまれたのでは。
三河出身の大久保彦左衛門が三河の地名を間違えますかねえ。


大河ドラマでは、大野に上陸した江が、大野城主佐治与九郎一成と出会い色々助けてもらい、二人は恋に陥る。
そして、後年、二人は秀吉の反対を押し切って結婚。しかし、それがあだとなって、与九郎は大野城主の立場を追われ、強制的に離縁させられる。与九郎の命と引き換えに江は小吉秀勝との再婚を承諾する。小吉秀勝の死後、政争の道具に使われることに反発した江は、与九郎の一字を取って、お江与と改名する。戦国の悲しい恋の物語…
な~んて脚本はいかがでしょうか、田淵久美子さん。
(ヨクロー)
<参考資料>

成岩の常楽寺の由緒より
「当山八世典空顕朗上人は、神君之御子従弟にて御父は吉良庄赤羽城主高橋弾正殿なり、御母は尾州緒川苅谷の城主水野右衛門大夫殿の御娘にて、即神君様の御母公伝通院様の御妹也、大野東龍寺住世洞山祖誕上人の弟也、右上人在住の頃天正十年午六月、神君様を信長公御招待有之御上洛之次、泉州堺之津御覧被為在、于時京都本能寺に於て信長公御生害有之、惟任日向守一戦之節堺津御立退、密かに伊賀越より東国へ御下向之節、従勢州四日市尾州常滑辺に御船を寄せ給ひ、東龍寺に御着、夫より三州へ御帰城の刻、東龍寺住祖誕上人供奉御案内にて成岩村へ御到着、常楽寺に於て御休み、夫より住持供奉にて成岩之浜より御船にて三州大浜へ渡御、其後天正十七年神君御上洛之時三州より成岩村へ渡御、常楽寺に於て御昼御膳所被仰付、猶思召を以て堂前に松二株御手植被為遊、天長地久を祝し給ふなり、(以下略) 寛永十四年丁丑三月 十四世弘空歴道記之」

平野家文書より
hm1.gif
以上
スポンサーサイト

tag : 大河ドラマ 家康

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは、

いいストーリですね。^^

田淵さんの脚本もこの展開でいって欲しいものです。

尾張は、歴史の宝庫で羨ましい限りです。

Re: No title

> こんにちは、
こんにちは。
>
> いいストーリですね。^^
piglet01さん、見る目ありますね。
>
> 田淵さんの脚本もこの展開でいって欲しいものです。
まじっすか。
>
> 尾張は、歴史の宝庫で羨ましい限りです。
少し差し上げましょうv-238

No title

こんにちは☆

こんなストーリーになるといいですね。
考証は天下のNHKでもかなりいいかげんですから、家康が大野に上陸したことを重くみてもらったらいかがでしょう。

そうすればヨクローさんの希望通りになるかも^^
あっ、田淵さんがokすればの話でしたね(笑

Re: No title

> こんにちは☆
こんにちはv-55
>
> こんなストーリーになるといいですね。
> 考証は天下のNHKでもかなりいいかげんですから、家康が大野に上陸したことを重くみてもらったらいかがでしょう。
歴史考証は小和田氏が行ってます。
田淵さんは、それに沿って話を作っています。
まあ、ドラマですから必ずしも史実通りにはいかないのでは。
>
> そうすればヨクローさんの希望通りになるかも^^
> あっ、田淵さんがokすればの話でしたね(笑
あれは、彼女のドラマです。
私みたいな素人考えではダメでしょう。
それ以上の面白いストーリーを期待しています。

家康の伊賀越え

大野の皆々様へ
石井様へ
高橋様へ
山下会長へ

2月12日午前お邪魔しました。
私、緒川の杉浦と申します。
色々御教授有難う御座います。
今回は「家康の伊賀越え」について考えます。
 私の考え方は、余り文献に寄りません。
文献の場合、作者の、立場を考慮して考えるべきと思います。

家康が、堺から何処を経由して、大樹寺についたか、
第三者的視点では、何処でも良いのです。
(失礼ながら、地元の方には大きな問題だと思います)
家康が、何処に因縁の土地があつたかを考える時、重大な観点になり、
その意味で、事実の追求は重要です、
本能寺の変から、小牧長久手の役までの間は、戦時中です。
国人的階級は、自分自身で決断することが必要だからです。
武人の世界から、和平になれば、文人の世界に変わるからです。
戦時中の間は、小領主(国人)は、疑心暗鬼の時代で、
それは、裏切りの時代です。
つまり尾張、三河、伊勢、美濃辺りは
急に戦国時代に戻った様なものです。
光秀、秀吉、家康のうち、誰が勝つのか迷ったでしょう。
その場合、儒教的な発想は殆ど無い。血縁が、戦略です。

佐治家として考える、又は、自分として考える。
山城、近江、美濃又は、尾張上四郷辺りで
秀吉の名は知られていても、
知多辺りで、どの程度の知名度か、疑問で有る。
知多では、柴田や、前田のほうが上で無いか、。
信長次男、三男がどう動くか見て居たか。

本題に戻る。本能寺の変です。
時代背景を考えるべきです。変の前を考えたい。
1.
家康長男ー松平信康だが、天正7年9月15日21歳の生涯。
(NHK「江」に1回出たか?)
「信長命令で自害」に反論は無いと思う。
信長、家康は天正10年5月時点でこれをどう考えたか。
家康は忘れていないのでないか。
信長は、「家康が怨んでいる」と考えていないか。
2.
佐久間信盛は1582年2月18日(天正10年1月16日)没。
天正8年に信長から19ヶ条にわたる折檻状
 世間は「信長が分からない」時代で有る。
 大和や機内は信盛から明智光秀が治めたが、
 治めれない==大和は不満の小大名ばかりだったらしい。
 (信長が光秀に大和検地をやらせたが、それが不満らしい)
 つまり、信長は光秀を信頼したが、
 光秀は、「そんなに簡単にいかない」と思った。
3.
勝頼はゆかりの地、甲斐天目山棲雲寺で天正10年3月滅ぶ。
信長は長男信忠に戦闘は任せ、その後ろから、物見遊山気分だ。
帰り道は、富士山をみて、東海道で帰る。
ここで、家康が信長の接待の仕方が丁寧すぎる。
と思う。ここは是非「信長公記」を読んで欲しい。

信長が、家康を呼んで堺見物をさせる。
(この辺り、私は、不思議に思う。
 武田勝頼戦で家康は、何もしてない。
 しかし、天下から見て三河、駿河の徳川の存在を考えるべきだ)
 私なら、「邪魔」と感じる

太閤記や、講談で、安土の光秀の接待の不調法を謂う。
もし、それがあれば、芝居で、
 信長「光秀、家康を討て」
 光秀「出来ません」「仕方ない。やりましょう」だろう。
これが天正十年五月二十日前後。
「信長公記」には、信長は満足だけ
「信長公御自身御膳をすえさせられ、御崇敬斜ならず」と。

4.
家康の帰りの「神君伊賀越え」は有名。
貴会の大野等、知多では、盛んに論議されている。
だが、行きの準備は、どうだろう。
忍者が、多数配置したであろう、
服部半蔵が、家康だけで行かせる訳が無い。
私服刑事が、ウジョウジョだろう。
家康は、人質時代を余り語らない、
語らないから、かえって人質の本質を知っている。
後の秀吉の誘いに、なかなか大阪に行かない。
この辺りが、「家康」だ。

5.
信長の天下布武
信長において、光秀、秀吉は家来。家康は同盟者。
前記、佐久間信盛は信長父親信秀時代は、
家臣と言うより同僚程度の家系 、それが、処分できている。
以前、それに浅井長政は同盟者のはずであった。

6.
まとめ
 「奈良堺見物に、お出で」 「ハーい」
の単純な考えだけは、やめたい。
                    以上

石井様
高橋様
山下会長

  東浦町 ボランテア「ふるさと散歩」会員
             杉浦

Re: 家康の伊賀越え

コメントありがとうございます。
また、当館にお越しいただきありがとうございます。
すばらしい考察ですね。
こちらこそ、色々御教授頂き、勉強させて頂きました。
本名ばらされちゃいましたね。まっ、いいか。
また、いつでもお越しください。

d20110215歴史好き

----d20110215歴史好き----
2、30年前まで、
会社等で、上司と喧嘩して辞めるとき
常識として、「自己都合」と書いたものだ。
100年後、「自己都合の文書」が出てきて、
ホンとにそうか、疑って欲しい。
文献主義が気をつけるべきと思う。

又、現在民主党の小沢とその秘書の状態を見ていると
事実は現在では、「分からない。」と思う。

歴史好きは、現代を考えるべきだと思う。
「日本人とは何か!」を

私が、特に気になる出来事を上げると、
1.卑弥呼
2.竜馬暗殺
3.本能寺の変
4.元禄赤穂事件(忠臣蔵)
権力者の匂いがする、文学として「日本人」が匂う。
歴史は教養では終わらない。

諸先人先輩に対し出過ぎた意見を書いてしまった。
  自省しながら、又書かせて下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。