スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大野城を10倍楽しむ方法9

inoue04.jpgと佐治一成が題材となった小説
大河ドラマのストーリーとは全く違いますよ。

「佐治与九郎覚書」
井上靖 著 新潮社 1957年

「乱紋」
永井路子 著 文芸春秋社 1979年

「美女いくさ」
諸田玲子 著 中央公論社 2008年

「お 流浪の姫」
植松三十里 著 集英社 2010年


次回は大野城Q&Aの予定です。
御質問コメントお待ちしています。
(つづく)

(ヨクロー)
スポンサーサイト

tag : 大河ドラマ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは☆

作品数が意外に少ないですね~
二代将軍の正室になっているからもう少し多いかと思ってました。
現在放映中の大河ドラマの影響で、2人を主人公にした作品が新たに書き下ろされるかもしれませねσ(゚ー^*)

Re: No title

> こんにちは☆
こんにちはv-441
>
> 作品数が意外に少ないですね~
> 二代将軍の正室になっているからもう少し多いかと思ってました。
いえいえ、江&一成限定の小説のみです。
一成なしならまだまだありますよ。

> 現在放映中の大河ドラマの影響で、2人を主人公にした作品が新たに書き下ろされるかもしれませねσ(゚ー^*)
まり姫も、ぜひ書いて下さいませませ。

No title

初めまして!
大河が始まってから興味が湧いて、あちこちの歴史関連のブログを拝見したり江関連の本を読んだりしています。
こちらは大野の紹介が充実していていいですね。

江関連の小説ですけど、四月にメディアワークス文庫というところから出た「江姫 乱国の華 上」にも佐治一成と大野が出てました。
最後のページに大野町コミュニティへの謝辞があったので著者の方は取材に来られたんでしょうかね?
こちらも大河と別の切り口で面白かったです。

Re: No title

> 初めまして!
初めまして、るるっぷさん。

> 大河が始まってから興味が湧いて、あちこちの歴史関連のブログを拝見したり江関連の本を読んだりしています。
そうですか。大河の影響て大きいですね。

> こちらは大野の紹介が充実していていいですね。
ありがとうございますv-290
>
> 江関連の小説ですけど、四月にメディアワークス文庫というところから出た「江姫 乱国の華 上」にも佐治一成と大野が出てました。
はい、存じております。この記事書いた後に出た新刊です。
今手元にあります。サイン入りの贈呈本。マサト真希著ですね。

> 最後のページに大野町コミュニティへの謝辞があったので著者の方は取材に来られたんでしょうかね?
あとで、コミュニティさんからそう聞きました。高須さんが担当されたみたいですね。
取材というか当ブログを参考にされたというか・・・

> こちらも大河と別の切り口で面白かったです。
ですね。
他に、違った視点で書かれていますが、「無明記」澤田ふじ子著・「お江さま屏風」永井路子著があります。
また、佐治一成を気にしなければ他にも沢山あります。
今のうちに言っとこ。
プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。