スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江と大野(というか、大河の感想)

gooonojo.jpg
(写真ー大野城でのあいち戦国姫隊の「江」姫)

江は最初に大野城主・佐治与九郎平一成のもとに嫁ぎました。
て、もう皆さんご存知ですよね。
でも、大河が始まる前は、地元でも「江?誰」て感じでした。
本当に大河様様といった所です。

ここで、大河の感想をいいます。

とうとう終わっちゃいましたね、「江」。
最終回の久々の佐治一成登場には驚きました。髭、似合わなかったなあ(笑)
彼は晩年僧侶になっています。
老いた僧侶「巨哉」として登場して欲しかったです、素性を名乗らずに。
会うべきでない二人でもこれなら、会える。
会話をして、江は次第にその僧侶が誰だかわかる。
そして…、なんちゃって。

全体として、このドラマの展開、xxがこう言った。だから、こうした。て、パターンが多いですね。
なぜか言い訳っぽく感じちゃいました。

エンディング。高原で乗馬もいいですが、テーマの水は全く触れないんですね。
琵琶湖・伊勢湾・若狭湾・大阪湾・東京湾と江は主に水に面した所で人生を渡り歩いた。
「江」の名のさんずいは水を意味するってプロデューサー言ってたのに。
淀の最期は、「琵琶の湖が見える様じゃ」って言ってたから、つい、そう思ったんですが。

コンセプト通り、戦国という世の女性の視点を通しての、親子の愛・姉妹の愛・夫婦の愛を象って欲しかったのですが、なぜか現代っぽい思想の江でしたね。
やたら、政治に介入してくる姫って所もすっごく違和感感じました。
江を通して戦国史を学んでもらうことが、このドラマのスタンスなのでしょうか?

ファンタジー・コミカルといった、大河らしくない部分を取り入れたことは、私嫌いじゃないです。
でも、効果的だったか、茶番だったかは議論の分かれる所だと思います。

音楽も映像も出演者も素晴らしいと思います。
どの登場人物も悪者っぽく演出してないことは、ご当地の配慮のことと思います。
ご当地に対しても、経済効果はあったことは疑いない所です。
私自身もこの一年間、いい思い出を頂きました。

NHKさんには心から感謝申し上げます。
また、「江」を取り上げて頂いたこと、全国的には殆ど知られていない地元の武将・佐治一成を割愛しなかったことの立役者・屋敷プロデューサー様の今後の更なるご活躍期待しています。
(ヨクロー)
スポンサーサイト

tag : 大河ドラマ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは☆
大河ドラマ終わったんですか~
まったく見てなかったのでドラマの内容も知らないのですが、ヨクローさんの評価もいまいちみたいですね^^
佐治与九郎がさ最後まで出てきたというのが大野にとってはよかったですねσ(゚ー^*)

余談ですが、私がNHKの大河ドラマを見なくなったのは、武蔵からです。
時代考証もメチャクチャ、重厚さもなくなってたし、原作からあまりにかけ離れた筋立てにがっかりして魅力を感じなくなりました。

Re: No title

> こんにちは☆
こんにちはv-439

> 大河ドラマ終わったんですか~
ですよ~。

> まったく見てなかったのでドラマの内容も知らないのですが、ヨクローさんの評価もいまいちみたいですね^^
大体、どなたも同じような評価だと思います。

> 佐治与九郎がさ最後まで出てきたというのが大野にとってはよかったですねσ(゚ー^*)
そうですね。地元も喜んでいました。
>
> 余談ですが、私がNHKの大河ドラマを見なくなったのは、武蔵からです。
> 時代考証もメチャクチャ、重厚さもなくなってたし、原作からあまりにかけ離れた筋立てにがっかりして魅力を感じなくなりました。
そうなんですか。大河ドラマも見直す時期かもしれませんね。
私の場合、テレビ自体あまり見ないので、年間通して大河ドラマ見たのは今回が初めてです。
殆ど録画でしたけどv-16
プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。