スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知県令 国貞廉平

kunizadarenpei.jpg4代目愛知県令(知事)国貞廉平は、後藤新平と同時期、海水浴奨励のため、更に外人ムーデルに海水の試験をさせたりした。
其の時の分析表は次の如し(中略)
試験の結果は、第一、海気清潔人身に適し、第二、海水の科学的効果著しく、第三、波動の刺激衝動よく人身に適していると賞賛したので、大野の海水浴は当時に増して盛況を見るに至った。
明治14年当時、町の有力者によって、海音寺境内に加温浴場を開始(後に愛知電鉄に経営を移管)。(大野町史より)
明治18年1月、国貞廉平は在任中に死去。
明治23年(1890)、国貞廉平の功績を記念して、記念碑を海音寺境内に建立しました。
呼吸千里の碑といいます。
題字は当時の6代目県令白根専一氏。
国貞氏作の漢詩が書かれ、書家が絶賛するものですが、残念ながら今は読めません。何とかならないものでしょうか。
現在は海岸近くの駐車場脇に移転。ひっそりとたたずんでいます。

kokyusenri1.jpg

その碑は下記のように書かれてありました。

里千吸呼
酒是芳甘魚亦鮮蓙氛不到枕書眠
官人楽境人知否例浴恩波己四年
大野客中作 韓山

此詩故縣令韓山國貞君来遊中所作也近年大野村海水浴以其多
功験病客来浴者不少、盛夏之時官吏賜暇故浴客最多、君以其
地在部内、毎年暑中来浴、蓋以有所適病也、有棲名恩波宜眺
望、君浴畢讀書於此倦則飲酒賦詩、間雅自娯、毎經数句而去、
故里人亦多知之者、今茲君嬰病奄然棄世而浴期將至、里人思
慕之不置、乃刻此詩於石、以永供紀念云、明治十八年六月一
日竹塢飯田俊應需 識之
明治二十三年八月十一日 常山井村貫一書 鶴年刻

内務次官従四位 勲五等 白根専一題額

我は海の子

スポンサーサイト

tag : 海水浴場

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

読める。

 「国貞氏作の漢詩が書かれ、書家が絶賛するものですが、残念ながら今は読めません。何とかならないものでしょうか。」

 同じ経験を聞いた事があります。たしか、ヨクローさんの友人の西まさる氏のコラムで読んだものです。
 「まったく読めなかった碑文が拓本を採ると鮮明に読めた」といったことでした。
 試してみる価値がありそうですね。

Re: 読める。

>  同じ経験を聞いた事があります。たしか、ヨクローさんの友人の西まさる氏のコラムで読んだものです。
>  「まったく読めなかった碑文が拓本を採ると鮮明に読めた」といったことでした。
>  試してみる価値がありそうですね。

有り難うございます。
今度、西さんに詳しいことを訊いてみます。

われは海の子

毎朝犬の散歩中に、国貞廉平筆の漢詩を目にしています。呼吸千里は「われは海の子」の歌の2番と似ていますね。海辺を愛する一人として、傷んだ石碑表面を何かの機会に彫り直して修復できないかと願っています。
貴Blogに投稿者URLをリンク頂ければ幸いです。

Re: われは海の子

> 呼吸千里は「われは海の子」の歌の2番と似ていますね。
すごい発見!なぜ似てるのでしょうか?

> 海辺を愛する一人として、傷んだ石碑表面を何かの機会に彫り直して修復できないかと願っています。
やはり、大野の町民がそういう気運をつくる事が大事ではないでしょうか。

> 貴Blogに投稿者URLをリンク頂ければ幸いです。
素敵なHPですね。よろこんで。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。