スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後藤新平(明治・大正・昭和初期の医者・政治家)

gotou-shimpei.jpg

以前も別のカテゴリで紹介しましたが、改めて…。

台湾総督府民政長官。満鉄初代総裁。逓信大臣、内務大臣、外務大臣。東京市第7代市長、ボーイスカウト日本連盟初代総長。東京放送局(のちの日本放送協会)初代総裁。拓殖大学第3代学長等、
数々の要職を歴任した後藤新平(1857~1929)は、大野にも関わり合いをもっています。

明治14年(1881年)当時若干24歳で愛知病院長だった彼は、大野に来遊。大野海岸の千鳥が浜で海水の試験を行いました。
その翌年、長与専斉が随行し後藤新平は再び来町し、詳細な調査や実験を行ないました。(大野町史より)
そして、後藤新平は一般人に対して日本で初めての海水浴啓蒙書である『海水功用論 』を著します。

gotosinpei2.jpg

上の写真は、大正9年、大野町役場にて撮られた写真です。 前列中央が後藤新平。
彼は、同年の12月より東京市長になっていますので、その直前に大野に来られたことになります。
その3年後の大正12年(1923年)に関東大震災が発生。
彼は、関東大震災後に内務大臣兼帝都復興院総裁として東京の帝都復興計画を立案。
復興に尽力したことは有名です。

東日本大震災から、一年立ちました。
中々復興が進まない今、彼の行動を見直してみるのもいいかもしれませんね。
(ヨクロー)




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。