スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江の出生時期1

の出生年は天正元年(1573年)というのが通説とされている。
これは、「以貴小伝 」に書かれている、没年(寛永3年)から享年54才を逆算して出した年がそれだからである。
当然、ただ年を逆算しただけのものであるから、出生月まではわかっていない。

この年九月に、小谷城は落城し、父・浅井長政は自刃。
その後、母と娘たちは岐阜に逃れる。

よって、の出生地は長浜(小谷城)か岐阜かで議論が分かれることになる。
NHK大河ドラマでは、小谷城で産まれてましたね。こちらが有力なのかな?
しかし、去年、の生誕は小谷城落城後で出生地は岐阜であるという記事が新聞に掲載されていました。
それは、
「岐阜志略」という地誌に、「市は長政の自決後、身重のまま岐阜に逃れ、女子を出産した。女子はその後の崇源院」という趣旨の記述があったという内容です。
(ちなみに、私のブロ友さんは、以前からこの資料の存在を知っていましたが…)
ただ、戸時代に書かれた太閤記などの軍記物はすべて「三姉妹で長浜から逃げた」とも書かれています。

皆さんは、いかがお考えになりますか?

なーんて、シメはしません。まだ話は終わっていません。

実は私、「は天正元年生まれ」自体を強く疑問視しています。
なぜなら、その年の5月、の母・市は男の子を産んでいるという資料が存在するからです。
(つづく)

(ヨクロー)
姫隊のちゃんフォト
kaodasi.jpg
と与九郎のツーショット顔出し看板に顔を出すちゃん。。2011年8月、大野城にて
スポンサーサイト

tag :

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。