スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柏原藩の筆頭家老・佐治与九郎

大野城を追われ、伊勢安濃津城の伯父・織田信包の下に逃れた佐治与九郎は、その後どうなったのでしょうか?

まず、信包の足取りを追ってみると、
文禄3年(1594)伊勢を改易され近江2万石に移封も慈雲院に隠棲、老犬斎と号す。
慶長3年(1598)秀吉死去。丹波柏原藩主に。御伽衆の一人として秀頼の補佐役に
慶長5年(1600)関が原の戦いに西軍として参戦。敗戦したものの所領は安堵
慶長19年(1614)7/17大坂城内で吐血して急死。大阪冬の陣。家督は3男信則(1599生)が継承

また、与九郎の子・佐治為成は、柏原藩信包家臣として大坂の陣に参戦している事実があり、
与九郎は、信包の下、家臣としてずっと行動を共にしてきたと考えるのが自然と思われる。

そして、伊勢・近江での与九郎の消息はまだよくわかりませんが、丹波柏原での彼の消息は、今回調査により明るいものになりました。私、GWを使って、兵庫県丹波市柏原まで行ってきました。

odasandaiki2.jpg


上の資料は、丹波柏原にある織田信包の菩提寺・成徳寺の資料「織田三代記」の写しです。
最初に書かれている津田宗助とは、信長の末弟・津田長利の子孫で、家柄上席次は一番上に書かれていますが、石高が三百五十石と少ない。
二列目に書かれている佐治与右エ門とは与九郎の孫一置で、石高千三百石と一番高く、実質の筆頭家老です。

筆頭家老佐治陣屋跡

今回の調査、柏原歴史の会のTさんに大変お世話になりました。
柏原の街並みも案内して頂きました。
写真の柏原赤十字病院は、佐治陣屋があった場所です。
ここに与九郎が住んでいたんですね。
Tさんは、とてもお優しい方で、感謝の意に耐えませんでした。
私、柏原の町が好きになりました。
(ヨクロー)

姫隊の江ちゃんフォト
sajijinja.jpg
2011年8月佐治神社にて
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

丹波・柏原

柏原に行かれたヨクロー様の行動力、尊敬します。
今の大河、玉木さん演じる義朝は家来と差し違えで終わるそうで「太刀あれば」なくてがっかりです(別説採用)7月15日頃放送

Re: 丹波・柏原

> 柏原に行かれたヨクロー様の行動力、尊敬します。
ありがとうございます。でも、尊敬だなんて照れちゃいます。

> 今の大河、玉木さん演じる義朝は家来と差し違えで終わるそうで「太刀あれば」なくてがっかりです(別説採用)7月15日頃放送
そうなんですか。我々が知っている史実とは違う説があるんですね。家臣とは長田でしょうか?

No title

おはようございます(*^^)
昨日無事に姪は退院しました^^
月曜日には本人がお邪魔すると思いますので、今後ともよろしくお願いしますね(o´・∀・`o)ニコッ♪

Re: No title

> おはようございます(*^^)
おはようございます。

> 昨日無事に姪は退院しました^^
よかったですねー。

> 月曜日には本人がお邪魔すると思いますので、今後ともよろしくお願いしますね(o´・∀・`o)ニコッ♪
はい、こちらこそ、よろしくお願いします。
まり姫さんは、いい伯父様伯母様がいらっしゃって幸せですね。
プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。