スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お江の略歴

ogou1.gifお江は、天正元年(1573年)生まれ。
小督(おごう)、徳子、お江与、達子(さとこ)、崇源院(すうげんいん)
父は小谷城主・浅井長政。母は信長の妹・お市。
浅井三姉妹の末娘。
長姉・茶々(淀殿)は豊臣秀吉の側室、次姉・初は京極高次の正室。
お江が生まれた年の9月、父長政は小谷城の戦いに敗れ、自刃。
その後、三姉妹とお市は信長の弟・織田信包が保護。(三姉妹は秀吉の養女に)
天正10年(1582年)母・お市、柴田勝家と再婚。越前国北ノ庄城へ移る。
翌年4月、賎ヶ岳の戦いで北ノ庄城落城。父母とも自刃。

その後、お江は尾張国大野城主・佐治与九郎一成(母お市の妹・お犬の子。従兄にあたる)と結婚。
大野城落城。与九郎は信包の家臣に。
そして、秀吉の命で強制的に離婚。

天正15年(1587年)次姉・初は京極高次の正室に
天正16年(1588年)長姉・茶々は豊臣秀吉の側室に
天正17年(1589年)岐阜城主・豊臣小吉秀勝と再婚。
文禄元年(1592年)秀勝、朝鮮出兵中病死(9/9)。同年、完子(さだこ)出産。完子は淀殿の養女に。
文禄4年(1595年)徳川秀忠と再々婚(9/17)
慶長2年(1597年)山城国伏見城内の徳川屋敷で千姫出産(4/11)
慶長3年(1598年)秀吉病死(8/18)
慶長4年(1599年)珠姫出産
慶長5年(1600年)長丸出産(?)
慶長6年(1601年)江戸城西の丸で勝姫出産(6/12)
慶長7年(1602年)初姫出産(8/25)。長丸2歳で病死
慶長8年(1603年)千姫、7歳で豊臣秀頼と結婚
慶長9年(1604年)家光出産(8/12)
慶長10年(1605年)秀忠、二代将軍に
慶長11年(1606年)忠長出産
慶長12年(1607年)江戸城大奥で和子出産(10/4)
慶長20年(1615年)大阪夏の陣で、淀殿・秀頼死去。千姫は救出。
元和2年(1616年)家康死去(4/17)。千姫、本多忠刻と再婚
元和6年(1620年)和子、入内(後水尾天皇の中宮に)
元和9年(1623年)家光、三代将軍に
寛永3年(1626年)死去、54歳(9/15) 火葬される。
<誤りのご指摘、異説等ございましたら、御連絡ください>

oinuoichi.jpg
与九郎の母・お犬(写真左)とお江の母・お市は姉妹。

お江の人生は、時代に翻弄されながらも時代に逆らわない人生を送り、結果として、将軍の妻になるというシンデレラガールに。
しかし、それは彼女が望んだ幸せだろうか?
豊臣方・姉淀殿と敵対関係に…春日局との後継争い…
もし秀吉に政治の道具に使われなかったら。

思春期に一緒に過ごした佐治与九郎との蜜月の日日。
その時が彼女にとって一番幸せだったのではないだろうかと、私は勝手に推測している。
与九郎は、母お犬がかなりの美人だから、それなりの美男子だったであろう。
それに比べ、強制的に離婚させられた後、再婚相手は隻眼醜男(注:隻眼ではなかった説もあります)、再々婚相手は六つも年下。
運命と受け止めつつも、小娘の内心としては快く感じられないのでは。
お江は秀忠と再々婚の時、お江与と改名。
その名は江戸に与えるという意味で名付けられたという。
しかし、お江与の与は与九郎の与でもある。
改名は小娘のささやかな抵抗?
考え過ぎかな。(ヨクロー)

 「幸せの黄色いリボン」 ドーン

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは☆

ヨクローさんの研究に異を唱えるなんてことはおこがましいことです(*^_^*)
佐治与久郎との結婚がいちばん幸せだったかもしれませんね。
何より秀吉の政略が入っていなかったことが大きいような気がします。
これがもう少し大きい大名に嫁いでいたら、疑念も生まれますけど。

余談ですが、お江は間違いなく浅井長政との間に生まれた子であることは間違いないけど、長女の茶々は違うという説もあるそうです。

Re: No title

> こんばんは☆
こんばんは☽

> ヨクローさんの研究に異を唱えるなんてことはおこがましいことです(*^_^*)
そんなことないですよ。自分は知らないことのほうが多いです。色々教えて下さい。

> 佐治与久郎との結婚がいちばん幸せだったかもしれませんね。
与九郎です。俺はヨクロー。

> 何より秀吉の政略が入っていなかったことが大きいような気がします。
> これがもう少し大きい大名に嫁いでいたら、疑念も生まれますけど。
んー、そうかも。

> 余談ですが、お江は間違いなく浅井長政との間に生まれた子であることは間違いないけど、長女の茶々は違うという説もあるそうです。
実は、市は信長の従妹で長政とは再婚、茶々は連れ子であるという説ですね。
確かに市は晩婚ですが、どうなんでしょうか。
市は自害せず、伊賀に逃げ延び、慶長4年(1599年)、53歳まで生きたという伝承もあるそうです。これも、どうなんでしょうか。
まり姫さん、よかったら調べてくれませんか。

No title

ヨクロー様
小吉との再婚時期ですが、天正17年の出典をご教示いただけますでしょうか?

Re: No title

> ヨクロー様
> 小吉との再婚時期ですが、天正17年の出典をご教示いただけますでしょうか?
お江の再婚時期は諸説あり、どれが正しいのか判断しかねるため、当ブログでは、とりあえず、某ブロ友さんの年譜を参考にさせて頂いてます。
多聞院日記等に小吉秀勝のことが書かれているそうですが、与九郎以後のことでもあるので、まだそこまで勉強が追いついていません。
その件がお詳しいのであれば、ぜひ教えて頂きたいのですが…

はじめまして

はじめまして。
名古屋市内に在住しております。
お江与が歴史上の女性で一番心惹かれる人物で、大野城にも度々遊びにいっています。
yhooブログでいくつかエッセイもどきを書いてもみました。
お時間がございましたらお読みいただけると嬉しいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/min07281955/trackback/1597484/43911658
また読ませていただきに参ります。

Re: はじめまして

> はじめまして。
はじめまして
> 名古屋市内に在住しております。
都会だあ。こちらは田舎です。
> お江与が歴史上の女性で一番心惹かれる人物で、大野城にも度々遊びにいっています。
そうですか。彼女の思い入れが強いのですね。
> yhooブログでいくつかエッセイもどきを書いてもみました。
> お時間がございましたらお読みいただけると嬉しいです。
ぜひ読んでみたいです。
>
> http://blogs.yahoo.co.jp/min07281955/trackback/1597484/43911658
このアドレス、間違いではないでしょうか?
> また読ませていただきに参ります。
いつでもお越しくださいv-291

訂正

失礼しました。
こちらになります。
http://blogs.yahoo.co.jp/min07281955/43911658.html

No title

逆に茶々は市の方の子ではない説も聞いたことがあります。
江と春日局は身分が違うのでそもそも対立はないよという説もありますね。

Re: No title

> 逆に茶々は市の方の子ではない説も聞いたことがあります。
> 江と春日局は身分が違うのでそもそも対立はないよという説もありますね。

そうですね。
色んな説がありますよね。
歴史なんてそんなものでしょうか。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。