スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

与九郎の略歴

佐治与九郎一成は、永禄12年(1569年)生まれ。嫡男。兄弟は二男一女。
与九郎は通称。信時、為吉、為次、一成
父は、尾張国三代目大野城主・佐治八郎信方。母は織田信長の妹・お犬。
弟、秀休。後に中川家に養子。妹は水野忠分の室に
天正2年(1574)父信方、長島一向一揆にて戦死。22才
天正5年(1577)母お犬、細川昭元と再婚。昭元との間には一男二女を儲ける。
天正10年(1582)9/8母お犬死去。6/2本能寺の変。お犬の姉・お市、柴田勝家と再婚。
yokurouzou.jpg天正11年(1583)?お江と結婚
天正12年(1584)岡田事件後小牧長久手の戦い開戦
天正12年(1584)?大野城落城
天正13年(1585)?織田長益が大野城近くに大草城築城始める

・その後、安濃津城主の伯父・信包の元に逃れ、家臣になる。
・秀吉の命で、お江と離縁。
・渡辺小大膳の娘と再婚。一男三女を儲ける。
・嫡男為成は弟中川秀休の養子に。

天正17年(1589)お江、小吉秀勝と再婚
天正18年(1590)信包、小田原征伐のときに北条氏政・氏直父子の助命を嘆願、秀吉の怒りをかう
文禄3年(1594)信包、近江2万石に移封されるも、慈雲院に隠棲、剃髪して老犬斎と号す
慶長3年(1598)秀吉死去。信包、秀頼の御伽衆に、丹波柏原与えられる。

・与九郎、剃髪して巨哉と号す
・妻・渡辺小大膳の娘と死別。

慶長14年(1609)於振(信長の娘)の前夫・水野忠胤が切腹
慶長17年(1612)?与九郎、於振と再々婚
慶長19年(1614)信包死去
慶長20年(1615)為成、大坂夏の陣参戦

・為成、二男三女を儲ける。長男・一置(孫)を与九郎の家督に戻す。

寛永4年(1627)7/22弟・中川秀休死去
寛永11年(1634)9/26与九郎、京都にて死去。65歳
寛永20年(1643)お振死去

・母お犬の方の菩提寺・竜安寺には、与九郎、秀休、お振の墓が並んである。

佐治与九郎一成の文献は至って少ない。わからない部分が多い。
秀吉にとって都合の悪い部分を削除されているような気がしてならない。

与九郎とお江の結婚の話をすすめたのは、前田玄以とか。
だが、私見ですが、母お犬の介在もあったのでは。
天正10年9月、死期の迫るお犬。見舞いに来る姉お市。
大野御前,大野姫と呼ばれたお犬は、信長の命で再婚したとはいえ、大野に置いていった我が子・与九郎を不憫に思っていた。
さらに3ヶ月前の本能寺の変で信長が死し、後ろ盾をなくした大野佐治家の行く先をも心配していた。
「姉上の娘御をぜひ与九郎に。大野佐治家を何卒お守りくだされ」
無きにしもあらずと思うのだが。
前田玄以は後に秀吉に仕えますが、だからといって秀吉が二人の結婚をすすめたことにはならないですよね。
もともとその結婚に秀吉は本意ではなかったから、後に、事実でない口実をいい、強制的に離縁させたのでは。
私は通説に異を唱えます。(ヨクロー)

 尾崎豊 - I LOVE YOU


hakamitorizu

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

尾張

はじめまして
いつも拝見させて戴いてます。
尾張は歴史の宝庫ですので、研究にもいい題材がいっぱいありますね。来年の大河ドラマも楽しみです。
私の旅は駆け足になってますので、戦国時代を確認するためにも愛知、岐阜、滋賀、京都を時間かけてゆっくりと廻りたいと思っております。
ブログ更新をいつも楽しみにしております。今後とも、よろしくお願いします。
PS.尾崎もいいですね!

Re: 尾張

> はじめまして
> いつも拝見させて戴いてます。
> 尾張は歴史の宝庫ですので、研究にもいい題材がいっぱいありますね。来年の大河ドラマも楽しみです。
> 私の旅は駆け足になってますので、戦国時代を確認するためにも愛知、岐阜、滋賀、京都を時間かけてゆっくりと廻りたいと思っております。
> ブログ更新をいつも楽しみにしております。今後とも、よろしくお願いします。
> PS.尾崎もいいですね!

はじめまして。
本来は郷土史ですが、お江調べてたら、戦国時代にも興味をもつようになりました。
piglet01さんのブログも楽しみにみていますよ。
今後ともよろしくお願いします。
尾崎、やっぱいいですね。
よろしければ、愛のテーマの曲リクエスト下さい。ジャンル問いません。

No title

こんにちは☆

ヨクローさんのお説ごもっともだと思います。
よく信長公記や武功夜話に記されていないからなどという学者がいますが、信長公記は秀吉が太田牛一に書かせたものであることは明白です。武功夜話も江戸時代になってからのものだし、徳川実紀にいたっては徳川の都合のよいことしか書かれていません。
意外に地方に埋もれた古文書や伝承の方が的を得ていることもあるのではないでしょうか。

私も、ごく最近歴史にまったく形跡を残していない城を古文書から発見しましたから、知多半島に埋もれている佐治与九郎、お江にかかわる資料がないとはいえないと思います。
ヨクローさんの研究成果を期待してますね^^

No title

こんばんは。
与九郎の墓の見取り図、もう少し鮮明に見えると有り難いのですが、、、お犬のは、あるのでしょうか。

Re: No title

> こんにちは☆
こんにちは☆

> ヨクローさんのお説ごもっともだと思います。
ども(^_^)

> よく信長公記や武功夜話に記されていないからなどという学者がいますが、信長公記は秀吉が太田牛一に書かせたものであることは明白です。武功夜話も江戸時代になってからのものだし、徳川実紀にいたっては徳川の都合のよいことしか書かれていません。
そこらへんをおらえて読みとらないといけませんね。

> 意外に地方に埋もれた古文書や伝承の方が的を得ていることもあるのではないでしょうか。
> 無視すべきではないと思います。
おっしゃる通りですね。
「文献にないことは一切認められない」という学者の方の文献至上主義は、
学会の関係によるもので、我々とは相容れない部分です。
まあ、土俵がちがうから仕方ないということで。

> 私も、ごく最近歴史にまったく形跡を残していない城を古文書から発見しましたから、知多半島に埋もれている佐治与九郎、お江にかかわる資料がないとはいえないと思います。
そうですか。やりましたね。どこの城ですか?
与九郎、お江にかかわる資料、ないことはないのですが、精査するのが大変です。

> ヨクローさんの研究成果を期待してますね^^
ありがと~。頑張ります。

Re: No title

> こんばんは。
こんばんは。
>与九郎の墓の見取り図、もう少し鮮明に見えると有り難いのですが、、、
至急対処します
>お犬のは、あるのでしょうか。
お犬のことは聞いていません。
あってしかるべきですよね。
発見者に確認とってみます。
少し時間ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お邪魔いたします。

はじめまして。
佐治一成の娘について調べていて、ここにたどりつきました。
質問なのですが、佐治一成の子供たちの母親が「渡辺小大膳の娘」であるという話は、何か確実な文献や系図によるものなのでしょうか?
もし、そのようなものがあるのであれば、教えていただきたいのですが。

Re: お邪魔いたします。

> はじめまして。
> 佐治一成の娘について調べていて、ここにたどりつきました。
> 質問なのですが、佐治一成の子供たちの母親が「渡辺小大膳の娘」であるという話は、何か確実な文献や系図によるものなのでしょうか?
> もし、そのようなものがあるのであれば、教えていただきたいのですが。

コメントありがとうございます。
返事遅れてすいません。
ご質問の件ですが、「大雲山詩稿」に書かれています。
ただ「渡辺小大膳」なる人物を調べているのですが、中々見つかりません。
竜安寺の塔頭の霊光院にある墓地に渡辺家の墓がひとつあるのですが、今調査中です。
現状では、織田家と縁戚関係にある佐治家と家柄が釣り合うような渡辺家は見当たらず、「渡辺小大膳」は架空の人物ではないかという推論が私の心の中にあります。
なら、一成の子らの母は?当然・江の名が挙がってきます。
将軍家に仕える関係上、将軍の正室の子であることを公にすることは好ましくない。よって…
あくまで、現状での推論です。
遺骨を調べて、DNA鑑定してみたい気分です。
プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。