スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐治日向守の説について

asahihime1.jpg前回、南明院こと朝日姫(右写真)の話に少し触れましたが、下記ご指摘を戴きました。
「朝日姫が家康に嫁ぐ前の夫は、副田吉成でなく、『佐治日向守』という人物だという説があります」
はい、確かにその説はありますね。
実は、その説は私も存じていて、それも調べてみました。
佐治日向守の名は「日本外史」に書かれています。
適佐治日向守者、秀吉欲奪之改適於彼也、明日使吉晴親正諭告佐治、佐治勉強聴命遺妻面自殺
内容は前述した「将軍御外戚伝」とほぼ同じ内容です。
しかし、佐治日向守=八郎信方を指すなら、この説は間違いですね。
「日本外史」も「将軍御外戚伝」も、この件については事実と異なっています。

たまたま、大阪新聞 昭和56年8月11日にこんな記事を見つけました。
戦国の女たち <31>富永滋人
秀吉の都合で、三度も結婚させられた女性がいる。
秀吉が保護していた”茶々””はつ””小督(おごう)”の三姉妹の中で、一番早く結婚させられた小督である。相手は尾張大野城主佐治一成という。
ところで、秀吉の妹”あさひ”が長年つれそった夫と離別させられ、家康に嫁いだことはすでに書いた。
そのとき、秀吉に離別を命じられた夫は、副田甚兵衛となっているが、一説に、佐治日向守であったという。この佐治日向守は”あさひ”を離別し、自殺をした。
その嫡男が小督の嫁いだ与九郎一成だとすれば、秀吉の意図みえみえになろう。・・・

(この記事は、この年NHK大河ドラマで「おんな太閤記」を放映していて、その関連記事です)
これを読む限り、佐治日向守なる人物の出所は、まちがいなく「日本外史」・「将軍御外戚伝」でしょう。
であれば、やはり朝日姫の前夫は、佐治日向守の説ではなく副田甚兵衛吉成という説の方が正しいです。
で、言い切っちゃいます。
架空人物・佐治日向守よ、ウィキペディアから去れ~。

朝日姫は、家康懐柔のため、兄秀吉に強制的に前夫・甚兵衛と離縁させられ、家康に嫁ぎます。
その後、甚兵衛と朝日姫は…
この悲しい恋物語はテレビで何回も放映されています。
しかし、お江と与九郎もそれに負けない位の悲恋話であると思います。
来年の大河ドラマでは、どのようなストーリーになるのか興味深々です。
NKH大河のチーフプロデューサー・屋敷陽太郎様、よろしくお願いします。
(ヨクロー)

 ロミオとジュリエット Romeo And Juliet

スポンサーサイト

tag : 大河ドラマ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。