スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織田長益(有楽斎)

odaurakusai.jpgもう一人、この男を紹介しなければなりませんでした。

天正2年(1574)父信方、長島一向一揆にて戦死した時、与九郎はまだ5才。
佐治水軍を引き継ぐにはあまりに幼すぎる。
だからと言って、信長は佐治水軍を手放す訳にはいかない。
与九郎に早く一人前になってもらわねばならないが、
それまでの補佐役を一体誰に?
その男の名は…

織田長益(おだながます)
織田信長の実弟。織田信秀の十一男。源五・源吾・有楽斎如庵・有楽・有楽斎と称される。

1547年(天文16)生まれ

宇治城(津島市宇治町)に居城→蟹江城に居城

1574(天正2)大野城主佐治信方死去。信長の命により知多郡大野城に居城(入城時期は?)
1577(天正5)与九郎の母・お犬、細川昭元に再嫁。
1582(天正10)本能寺の変
1584(天正12)小牧長久手の戦い。大野城主佐治家滅亡。大草城築城開始
1590(天正18)主君信雄改易に伴い、摂津国嶋下郡味舌2000石に移封。大草城は完成前に廃城。
1600(慶長5)関が原の戦(東軍)の功績により大和国3万2000石拝領
1621(元和7)京都で死去。享年75。

織田長益は、信包同様、お・与九郎の叔父にあたります。
年譜を辿れば、佐治家滅亡の時にも大野にいたことになります。
1584(天正12)3月、小牧長久手の戦いの発端となった岡田事件が起こる。
岡田事件とは、織田信雄が、秀吉に内通した疑いにより重臣の津川・岡田重孝・浅井長時3人を殺害し、織田・徳川連合軍が秀吉との戦闘状態に入るきっかけとなる事件です。
その後、連合軍は、岡田の居城である星崎城を陥落させる。
その属城とされていた大野城も同時に攻めたのでは、というのが滝田英二氏説。
伝承では、攻めたのは水野とも戸田とも。どちらも家康方である。
秀吉の養女おを娶ったことで佐治にも秀吉内通の疑いをもたれたのか?
亡き信長の子である主君信雄が、結果的に、佐治水軍に見切りをつけたことになる。
大野城落城時、長益はどの様な行動をとったのでしょうか。
幼い夫婦お・与九郎にとって、叔父・長益はいったい敵か味方か?

ただ言える事は、この時に、これから佐治水軍の将として活躍するだろう機会を与九郎は失ってしまったということだ。
(ヨクロー)

 フランク永井 有楽町で逢いましょう 1974
(有楽町の地名は織田有楽の名から付けられたものです)

スポンサーサイト

tag : 大河ドラマ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。
長益が信長生前から、大野を領してたというのは、典拠はあるのでしょうか?
 この前、信為没後に大野を支配していたのは誰かと、話題をふったら、林ではないかという話がでました。
 長島攻めの交名からの推定です。

Re: No title

> こんばんは。
> 長益が信長生前から、大野を領してたというのは、典拠はあるのでしょうか?
>  この前、信為没後に大野を支配していたのは誰かと、話題をふったら、林ではないかという話がでました。
>  長島攻めの交名からの推定です。

コメントありがとうございます。
長益が大野城入城には諸説あります。
時期に対しての出典はありません。
暫く、祖父・為貞が幼い一成を補佐したという説がありますが、1556年(弘治2)4月29日に亡くなっていますのでこれはまちがい。
林の説は初耳です。林とは?
林通政なら信方同様、長島で戦死していますし、軍功あげた林私知らないです。
あと、候補として信雄分限長にでてくる渡辺大膳。んー、これは謎です。

尾張の南方に位置する知多半島の平定と水軍を有する佐治を重要視した信長は、妹犬を嫁がせ、佐治為興に信方の名を与えるなど、佐治家を一門衆扱いしました。
その信長に大野城主後継又は一成補佐の指名権があるなら、一門衆クラスで船方ができる人物を指名するのではないでしょうか。となると長益以外該当者がみあたりません。
(むしろ、信長死後の方が佐治は後ろ盾をなくし、その後からの林とか渡辺の大野城入城の線の方なら有力かと私考えます)
どちみち長益は殆ど信忠に帯同してたと思われますが。
問題は長益が蟹江城主としていつまでいたか。
これで大野城入城時期が一発で解決できるはずです。
しかし、以前、蟹江町まで行って調べてみましたが、残念ながらわかりませんでした。
(少なくとも1584年の蟹江の合戦の時はいませんでしたが…)
おそらく大草城の築城=長益の入城とのお考えからだと思いますが、理由は後日ブログで紹介しますが、そうではないようですよ。

でもこういった議論っていいですね。
いつかk2さんとお会いしたいです。

No title

信方でしたね、失礼しました。
天正二年の長島攻めを読んでみてください。
林佐渡と島田が尾張の水軍を率いている、もしくは配下に従えているように思えませんか。
 また、かろうと嶋口攻め衆
織田上野守・林佐渡守・島田所之助
此他尾州の船数百艘乗り入れ
とあり、織田上野守つまり信包との関係もちらつきます。 

Re: No title

> 信方でしたね、失礼しました。
> 天正二年の長島攻めを読んでみてください。
> 林佐渡と島田が尾張の水軍を率いている、もしくは配下に従えているように思えませんか。
>  また、かろうと嶋口攻め衆
> 織田上野守・林佐渡守・島田所之助
> 此他尾州の船数百艘乗り入れ
> とあり、織田上野守つまり信包との関係もちらつきます。
ありがとうございます。
林佐渡守とは、林通政の父とされる林秀貞のことですね。
長島での交名は知りませんでした。
さっそく読んでみます。

No title

こんにちは☆

大変ハイレベルなお話のようですね~
ここまでくると歴史研究家も真っ青になるようなお話に思えます。
かなり古文書を詳しく調べられてるみたいですね。
つい忘れがちになる織田長益にこれだけ焦点をあてられていることに驚いています^^

Re: No title

> こんにちは☆
こんにちはv-16
>
> 大変ハイレベルなお話のようですね~
> ここまでくると歴史研究家も真っ青になるようなお話に思えます。
> かなり古文書を詳しく調べられてるみたいですね。
> つい忘れがちになる織田長益にこれだけ焦点をあてられていることに驚いています^^
お褒め頂きありがとう~。
それにしてもk2さんの勉強量はすごいですね。
でも、私の方は佐治関係だけです(^_^;)
キャリアも浅いし、郷土史やってたら、たまたま江がメジャーになっただけです。
歴史研究家さんの足元にも及びませんよ。
それに、まり姫ブログの情報量にはいつ圧倒されてます。
プロフィール

ヨクロー

Author:ヨクロー
2011年NHK大河ドラマ「江」の最初の嫁入り先「尾張大野」
この地の郷土史研究を楽しく行なっている会です。
(写真の江は、あいち戦国姫隊の江姫です)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
The Great Dodecahedron
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。